APLNEWS2009年7月号(APL News July, 2009)

 

1. IBM Workstation APL2の最新サポートレベル

 (Latest support level of IBM Workstation APL2)

 

4月IBMがサービスレベル14(=CSD14)を出荷しました。APL関数作成時使用されるObject Editorにいくつかの便利な機能が追加されました。

(In April, IBM shipped Workstation APL2 Service level 14.  A few new convenient features were added to the APL2 object editor.)

 

このエディターに関しては日本語のサポート、強力な検索や、置き換え機能、関数内で使用されている変数のヘッダーへの登録(=局所変数化)やヘッダーの重複整理のサポート、画面上の文字バーからAPL文字入力、エラー時の自動起動、指定部分の式の実行、結果表示など様々な関数作成の生産性を向上させ、関数の作成が楽しい作業になるような機能が備わっています。

 (This editor now includes such powerful and pleasing features as the support of Japanese (or national languages) texts, text scan and replace, name localization, de-localization, elimination of redundant names in the header line, signaling erroneous entries by color marks, entry of APL2 characters by mouse selection from the language bar, automatic activation on error, execution of designated line and display of the result, etc.)

 

サービスレベル14ではまた、いまさらと思われるかもしれませんが、APL2ワークスペースの名前の長さ制限を始めて8文字から64文字にまで拡大しました。64文字のワークスペース名は通常必要はないと思われますが、8桁の制限が不便であると感じることは間々あると思われます。日本語のワーク・スペース名はファイル名としては存在させることが可能ですが、セッション・マネジャーおよびAPL2のライブラリー管理機能でそのまま使用することはできません。あくまでも使用可能な文字はAPL2のネーミング・ルールに従った英数字のみです。

(Service level 14 also removed the workspace name length limit of 8 characters and now allows up to 64 character length, as you may think it more natural Today. Workspace names in Japanese can exist as file names, but neither APL2 session manager nor library manager do not support it.)

 

当サイトから配布する学習システムのRUNTIMEモジュールはワーク・スペースもオブジェクト・エディターのサポートもありませんのでCSD12を継続使用します。学習システムの関数エディターは製品版の機能には到底及びませんが、初心者が使用するには必要十分な機能をそろえていると思います。

(IBM Runtime modules distributed in Our APL2 learning system package does not support APL2 library nor object editor. Therefor we will continue to use CSD12 level of runtime modules for now. APL2 function editor included in our package is definitely not as good as IBM product version, but has all the necessary and adequate features for the casual users and the beginners.)

 

ちなみに下記のサイトにアクセスすれば製品版APL2の機能の詳細が記述されています。

(Please refer to the following IBM site for detailed description of Today’s APL2.)

 

http://www-01.ibm.com/software/awdtools/apl/apl2-v2.html

 

APL2夏期総合相談所開設のご案内

 (APL2 Information center now opens for this coming summer season.)

 

[目的(Objective)]:APLが個人にとっても、企業(特に零細企業)にとっても非常に柔軟なIT化をローコストで短期間に実現する最も優れた手段であることを一般に理解していただくきっかけを作ること。

(To provide the chance to learn how APL is excelled in helping individuals and enterprises to realize highly flexible IT utilization in a very short period of time at extremely low costs.)

 

[内容(Contents)]

1)       個人、企業を問わず、それぞれ個別の問題に対してAPLが具体的にどのように活用できるか、また目的達成に至る過程を相互に確認する。(Regardless of individual or enterprise needs, we mutually confirm by actual case the usable part of APL and the realistic process to achieve the final goal.)

 

2)       ご希望により、APLの考え方を理解していただくためのAPL学習支援システムによる実地訓練(個別対応)など。(Optionally face to face lessens by APL learning system package to learn APL2 language basics and principles.)

 

[場所(Place)]:長野県茅野市北山東急リゾートタウン あかしあ台9-

   APLコンサルタンツ APL研修センター (APL Consultants APL Study Center at Tokyu resort town 9-9 Akashia-dai, Kitayama, Chino-city, Nagano-Prefecture)

  

[期間(Period)]:2009年7月~9月(原則として常時)(July thru Sept, 2009 – basically open all time)

 

[宿泊施設(Accommodation)]:センター内に男性用区画二段ベッド3台(=Max.6名) 女性用区画二段ベッド2台(Max.4名)(ともに無料)、及び周辺にペンション、ホテル等の宿泊施設(自己負担)有り。同伴家族(含むペット)、複数日の滞在、観光、レジャーかねての出席すべて歓迎。

(One partition with 3 double-deck beds and another partition with 2 double-deck beds, for total of 10 free stay. There are commercial hotels and pensions in the town to stay at individual expenses. Accompanying family (including pets), prolonged stay beyond one night, combined stay with leisure and sight-seeing are all welcome. )

 

[交通手段(Access)]

1)       JR中央線茅野駅東口より東急リゾートタウン無料巡回バス、ペンション峰下車。出発予定時間(要確認)毎日10:35、13:50,16:30

(Free-bus service between Chino-station (JR Chuo-line 2 hours by limited- express train from Shinjuku-station in Tokyo)  three times a day at 10:35, 13:50 and 16:30-needs confirmation with us.)

 

2)       車の場合は東急リゾートタウン センター地区駐車場(無料)から電話(0266−60−2977)してください。迎えに行きます。

(In case of car, park it at the free parking space in the Tokyu resort town center area and call us at 026-60-2977. We will pick you up.)

 

[食費(Meal expense)]:実費(共同自炊)(Actual food material fee will be split between attendants and meals should be self-prepared by mutual cooperation.)

 

[参加費用、相談料(Attendance and consultation fee) ]:無料(Free)

 

[参加資格(Attendant qualification)]:制限なし(Anyone can attend)

 

[その他の条件(Other conditions)]:事前の連絡と確認が必要です。原則として禁煙、禁深酒、他人にひどく迷惑になること以外行動は自由です。(Confirmation with us in advance is required. In principle, smoking in rooms, heavy drinking, any anti-social acts are prohibited. Otherwise, any individual private plans are honored.)

 

[主催(Organizer)]() APLコンサルタンツ ・オブ・ジャパン

(APL Consultants of Japan ltd.)

   229−0015 神奈川県相模原市下溝1507

      (1507 Shimomizo, Sagamihara, Kanagawa, Japan 229-0015)

   電話:042−778−2127

      (Phone: 042-778-2127)

   URL:http://aplcons.com

 

  講師(Lecturer and consultant):三枝協亮 (mail: kyosuke.saigusa@nifty.com

担当(Contact):三枝孝雄 (mail: takao.apl@nifty.com