APLNEWS2008年12月号

 

1.IBM Workstation APL2の最新サポートレベル

(The latest support level of IBM Workstation APL2)

 

11月IBMがサービスレベル13(=CSD13)を出荷しました。拡張機能は:

(In November, IBM released Service level 13(=CSD13). Extensions include :)

 

 ― 1行の式の長さの上限を32,767文字にしたこと。

       (The maximum length of an APL statement line is now 32,767 characters.)

 ― システム関数ECのエラー報告機能を拡張したこと。

      (System function EC returns stack information on error.)

 ― UNICODE文字を数値キーパッドからも入力できるようにしたこと。

      (Numeric keypad can now be used to enter Unicode.)

 ― ラベル行だけのストップ、トレース制御設定が可能になったこと。

      (Option added to Stop/Trace only labeled lines.)

    

などですが、重要な項目は含まれていません。したがって当サイトから配布する学習システムのRUNTIMEモジュールはCSD12を継続使用します。

 (It does not include major function extensions. Therefore we will continue to use CSD12 for our APL learning assistance program package.)

 

http://www-01.ibm.com/software/awdtools/apl/apl2-v2.html

 

2.ACMSIGAPLと英国APL協会の組織変更

(New organization for ACM-SIGAPL and British APL Association)

 

ACM-SIGAPLSpecial Interest Group for APL)は過去永年にわたってAPLの国際的組織としてAPL Conferenceを主催し、機関紙Quote Quadを発行してきましたが、APLA Programming LanguageではなくArray Processing Languagesと表現されるようになり、さまざまなAPLのバリエーションが出現し、ユーザーにとっての共通な基盤が不鮮明になり、2008年7月22日付で解体され、SIGPLANに統合されました。

(ACS-SIGAPL has served the international APL community for decades by various activities as holding international APL conferences and publishing Quote Quad magazine. As of July 22, 2008, this organization dissolved and merged into SIGPLAN.)    

 

英国APL協会(British APL Association)はBritish Computer Societyに所属し、四半期ごとに機関紙VECTORを発行していますが、APLユーザーにとってSIGAPLと共に国際的に最も権威のあるコミュニケーションの場を提供しています。今回BCSの方針変更で、傘下すべてのスペシャル・グループの会員はBCSに会員登録しなければならなくなり、これは国際的な組織としてのBAAの会員の実情と利害に反しますので、2008年6月19日付でBCS所属を解消し、独立組織として存続することになりました。

(British APL Association belonged to British Computer Society and published their quarterly magazine VECTOR and is playing most significant role of providing a media for the dissemination and exchange of APL related information internationally the same as SIGAPL. BAA, however, dissolved affiliation to BCS as of June 19, 2008 and became an independent organization to retain its integrity as an international body.) 

 

Quote Quadは発行を継続するプランがあるとのことですが、VECTORは過去20年間一度も発行遅延がなく、内容も豊富で、購読者も多く先日BCSのロゴのない最初のVECTORVol23No4)が郵送されてきました。今後はBAAAPLの世界で果たす役割が増大すると思います。 

 (Quote Quad has a plan to continue its publication. VECTOR, on the other hand, has never delayed publication of their magazine for the past 20 years with its rich contents and readers spread world-wide. VECTOR without BCS logo (Vol23No4) was mailed to me recently. I suppose its significance will increase in the future as an international entity for APL community.)

 

http://vector.org.uk

 

3.APL2学習支援システムの機能拡張

(Functional extension of APL2 leaning assistance program)

 

先月発表した新しいAPL2学習支援システムに次の機能を追加しました。

 (The following function extensions were added to the revised program released last month-Japanese only.)

 

 

― 関数作成機能

     (APL2 functions can now be created and edited.)

― IBM製品版APL2とのインターフェース

     (Transportability of APL2 workspaces to and from IBM product version.)

― 計算結果のデータ構造を示す表示形式の追加

     (Option added to display computation output in three formats to illustrate data structure.)

p961.JPG

p971.JPG

p981.JPG

 

これに伴い、スレーブセッションを利用し、APL2ランタイムで使用できないライブラリー関係の機能を除き、ネーミング・ルールを含めほとんどすべての制約事項を取り除き、製品版に非常に近い形にしました。

 (With this change, most of restrictions such as naming rules are removed within the limits of the runtime modules. It now covers, in its own way, nearly all of the capabilities of IBM APL2 product version. )

 

学習システムの意図は、身近にあるパソコンを使い自由な発想で、自分のアイデアを数値的に検証し、短時間で結果を求める個人的な道具として、APL2のプログラム手法を自分で確かめながら学習する環境を安価に提供することです。

 (This program is intended to provide an inexpensive environment to permit learning APL2 for those who need a tool to test and obtain quick results to their liberal ideas by numerical means using personal computers at hand.)

 

IBMWorkstation APL2には一定時間が過ぎると使用できなくなるTime-limited Versionがあり、正規の手続きでIBMのサイトから入手することができます。しかし日本IBMの顧客でない限りすべて英文でのやり取りとなります。この環境では我々の身近でAPLが実用的に使用できるという理解に到達することはかなり困難です。

 (IBM offers a time-limited version of Workstation APL2 free by due process from IBM Web site. However one has to communicate with IBM in English all the way through, unless you are a customer of IBM Japan. Besides, it will be difficult to learn APL2 without intimate guidance.)

 

学習成果を本格的に活用するには、正規の製品を購入することが最善ですが、安価な製品ではありませんからそれ相当な理由が必要です。今回の機能追加は学習システムのインタープリターが製品版と同じですので、最終的判断をするまで継続使用することが不便ではなく、努力も無駄にならないように考慮しました。

 (No doubt, it is the best way to use the official product to utilize what you have learned as time goes on, but it requires justification to procure an expensive software product. The function extensions this time will permit users to continue to use the same interpreter as the product infinitely without feeling much inconvenience and waste of time until you make the final decision.) 

 

機能の拡張に伴って、“学習システムの使用法”を全面的に書き換えました。また参考資料“関数の組み立て方”を追加しました。これらは全部で5メガバイトありますので、ユーザー登録者にダウンロード(無償)のご案内をメールします。

 (With this extension, its user’s guide (Japanese) was revised thoroughly and a new reference “How to build APL2 functions” was added. This whole package is now some 5 mega bytes and mails will be sent to the registered users without charge to tell how to download it from our site.)

 

現在テスト中で次回以降に提供できると思われるものは:

 (The following items are now under test and will be released next month on.)

 

 − 図形処理による罫線付き印刷出力ツール

       (Automatic box framing of Kanji printer output by means of graphics.)

 − 改訂版ウインドウズ画面設計支援ツールとプログラム手法の開示

       (Publish programming conventions and the tool to design and utilize GUI.)

 

です。またできるだけ解説書類を充実させ、講習会なども開催したいと思います。

 (We also plan to provide freely printable reference material in Japanese as well as teaching classes in the future.)