APLNEWS2008年01月号

 

1.              今月のハイライトはAPL学習支援システムを全面的に書き換え、“DOWNLOAD”の中身を改定できたしたことです。これは最新のIBMのWorkstation APL2 V2 CSD11をベースに作りましたので、IBMのRun−time moduleも最新のものに置き換えてあります。この最新のAPL2によってはじめて可能になったことがいくつかありますが、その最大のものは日本語の完全なサポートと、ネームスペースを利用したシステムのパッケージ化ですが、後者は表面には現れませんが、APLによる業務システム開発上計り知れない効果をもたらしています。

(The hi-light of the month is that we were able to revise the content of the download section of this web-site. We rewrote the APL2 learner’s assistant package entirely and uploaded it for free distribution together with the latest IBM Workstation APL2 run-time modules, on which the package is based. IBM’s latest release in November enabled us to achieve its many new features including complete support of the Japanese language.)

 

今回は特別にユーザー登録を義務化しないことにしましたが、バグの修正や機能の追加、さらにユーザー支援体制(すべて個人用には無償)をシステム化するためにはユーザー登録が望ましいので、よろしくご協力くださることをお願いします。(We have decided not to ask for registration for its use (free), but we would like to encourage to register your mail address, so that we can systematize update distribution and support toward individual users.)

 

2.              さる12月12日に日本IBMは外部の参加を許した最新のAPLの説明会をIBM箱崎事業所にて開催しました。私もスタッフともども3名で参加し、受講しました。出席者は全員で8名、われわれ3名を除いた5名のうち3名はAPLクラブのメンバーの一部で、実質対象者が2名でした。最新のAPLの紹介というタイトルでしたが、話の内容はまったく取るに足りない20年前のAPLの説明に終始しました。理由としては新しく参加した人がいたから(2名―そのうち1名は途中で退席しました。) とのことです。出席者が少なかったことはIBMからの案内が皆無に等しかったからであると思われますが、このようなことではIBMがAPLのよさを認め、普及を真剣に考えているとは思われません。(The last Dec. 12, IBM Japan held an open lecture for anybody to attend at their Hakozaki auditorium on the title “The latest APL2”. I attended the lecture with my 2 staff members. There were total of 8 attendants and if we exclude our 3 and another 3 who were invited from APL club, there were only 2 people, of which one did not stay to the end. As far as the contents of the lecture is concerned, it covered only the subjects known to anyone 20 years ago. IBM Japan apparently did not invite interested customers nor publicizes it. We cannot help but questioning how much they understand the value of APL and how serious they are on the promotion of their product.)  

 

3.              2006年7月ごろより、このWEBサイトへのアクセスのログをとってきました。今回それをはじめて分析してみました。ここにその簡単なご報告いたします。(We began taking the access log to our web-site in detail in July, 2006. We tried to analyze it briefly for the first time, and I would like to report on this in the following:)

 

アクセスのあったアドレスの最後の30文字で区別したユーザー数は全部で744件あり、名寄せをした結果254のユニークな名前を捉えることができました。その中にはOCNなどプロバイダー単位でまとめた10件ぐらいのものも含まれます。ぜんたいでのアクセスの回数は9,781で、そのうち2,000〜2,500はロボットによるアクセスであると思われます。(Accesses are recorded by the last 30 characters of each of the addresses accessing. This way we counted total of 744 addresses. Then we manually re-sorted them and came up with the eventual 254 unique names. Some of them are grouped by the provider names as one such as OCN. The total accesses were 9,781 and we found that they contain between 2,000 and 2,500 accesses by robots.)

 

一般企業(アドレスに.co.がついているもの)は日本の企業を中心として、97社ありました。また個人では662回のアクセスのあった方がいらっしゃいます。(There were 97 unique private company names identified by “.co.” and we also counted 662 accesses by a single person.)

 

大学関係(アドレスに.ac.がついているもの)は16大学で、アクセスの多い鋳物から次のようになっています。(Universities and colleges identified by “.ac.” were 16 and their names and accesses were:

 

  島根大学(Shimane Univ.)                    319回

  福島医大(Fukushima Medical Univ.)           20回

  金沢工大(Kanazawa Technical Univ.)           11回

  金沢大学(Kanazawa Univ.)                    11回

  山口大学(Yamaguchi Univ.)                     9回

  都立工業高専(Tokyo Higher school of Technology)   7回

  日本大学(Nihon Univ.)                         6回

  和歌山大学(Wakayama Univ.)                   6回

  福岡大学(Fukuoka Univ.)                      3回

    群馬大、慶応大、神戸大、九州工大、筑波大、東京工大がそれぞれ2回ずつでした。(Gunma Univ., Keio Univ., Kobe Univ.,Kyushu Technical Univ.,Tsukuba Univ., Tokyo Poli-technical Univ. were 2 accesses each.).  

  

 この中にはたまたまアクセスしたものも含まれると思いますが、APLに対する一般の関心はIBMが考えるほど低くはないと思います。(I imagine that they contain some casual accesses, but I believe that the general interest in APL2 is not as low as IBM Japan thinks.)

 

時間があるときに、さらに詳しい分析をしてみたいと思います。(I would like to continue its in-depth analysis when I have some time to spare.)