APLNEWS07年09月号

 

1.IBM Workstation APL2の購入方法 (How to buy IBM Workstation APL2 in Japan)

 

 APL2は、主にWindowsの環境において、急速に機能が強化され、非常に魅力のある製品に育っているにもかかわらず、一般の人々にとって、その製品を購入する方法が明確でなく、非常に入手困難なソフトウエアとして敬遠され、われわれもAPLの案内役を勤める立場から、この点に関して、一般のご相談に対応することができませんでした。(In spite of the fact that APL2, especially in Windows environment, has achieved a very high level of development and has become a more attractive product, it has not been clear how for individual prospective users to buy it in Japan. Therefore, people tended to keep a distance from trying it and branded it as a product difficult to obtain. We, as APL consultants, had difficult time in answering inquiries in this regard,also .)  

 

2,3日前に、かねてよりの問い合わせに対して、日本IBMからの正式な回答が届きましたので、ご紹介します。下記のサイトでは一般の人を対象として、IBM Workstation APL2を販売していいます。インターネット(http://www.componentsource.co.jp/products/ibm-workstation-apl2-j/index.html)または電話( 0120 343 550にて製品を購入することができます。ちなみにそのインターネット上のページの一部をコピーして、表示させていただきます。(A few days ago, IBM Japan  mailed me their official reply to my long standing inquiry. According to this, the above mentioned site sells this product to individuals either on-line by internet or telephone calls as indicated above. I will show a part of the internet page below.)

 

詳しくは、こちらに直接お問い合わせください。(Please refer to this site for details.)

 

これに関連して、APLは本格的な業務アップリケーション開発ツールであると同時に、個人が有効に活用できるスーパー卓上計算機としても大変定評があります。しかしこれはここで表示されているように大変高価なソフトウエアであります。ですからAPLをより多くにかたがたに利用していただくために、私どもはスーパー卓上計算機として十分利用していただけるAPL2の機能を持った改定APL2学習支援システムを独自に開発し、こちらからの連絡手段を通知してくださる方に限定して、無償で提供しています。これに対する一切の見返りは要求いたしません。したがって、大いにこれを活用されることをお勧めいたします。(In this connection, I have to emphasize that APL is a highly sophisticated professional application development tool and at the same time a very powerful super desk-top calculator. However, as shown above, its price is rather high for individual use. Therefore we have developed a revised version of the “APL2 Learning Assistance Program in APL to meet the requirements as a super calculator and distribute it free with no obligations on the part of the requesters, except that they disclose their mail address to us so that we can communicate each other. We would like to encourage you to use it. Please mail to kyosuke.saigusa@nifty.com for details.)

 

 

2.APL2グラフィック機能による一般業務プログラムの開発の試み(General business application development using APL2 graphics.)

 

数十年前APLが開発されて以来、グラフィック機能を主役とした一般業務プログラムの開発は、その優れた機能にもかかわらず、実行速度が実用の域に達しないとの懸念から事例は少ないと思われます。しかしコンピューターの実行速度は、近年非常に高速になっていますので、初めての実験ですが、これを試みてみましたのでご報告いたします。(I imagine that we could only find very few cases where common business applications have been written using mainly APL2 graphics as human interface, ever since APL was invented some decades ago, because of the applihention that it may be very slow. However, in view of the recent progress of processing speed of personal computers, we experimented writing such applications.)

 

非常に零細な企業においても事務処理は存在し、手作業による初期のデータの記録は、それに続くコンピューターへの入力の手間を考えれば、全体として企業に見えない負荷を与えて勝ちです。(Even very small companies have clerical works and handled often by hand for initial data entry. This, considering the process by computers that follow, may be an extra burden to business management.)  

 

今回は日常手書きで記入する伝票入力作業を現場に親しまれやすい形でシステム化することから着手し、ゆっくりと時間をかけてより合理的な全体のシステム作りに結びつけることを試みてみました。すなわち、手書きの受注伝票と同じ絵柄をコンピューター上に表示し、各人が自分の机から初期データを、鉛筆の代わりにキーボードを用いて直接入力します。(This time, we started computerizing the otherwise manually handled initial data entry of the order forms, to eventually develop it into a total mechanization, taking adequate time for the involved employees to digest the new concept. We use the same image as conventional forms to be displayed on the computer screen and enter initial data from keyboards instead of pencils.)   

 

 

ここでは一般的な入力画面とまったく同じく、所定の位置に、タブが飛び、記入位置が表示され、データ入力、エンターキーで次の項目に移動する仕組みです。上の図にあるように、入力欄を右クリックすればコード表を参照し、表示項目から、選択入力することもできます。また、そのほかのさまざまな入力支援機能を利用することができます。(Same as the commonly designed data entry systems, it tabs to designate fields as the data is entered and enter key or tab is depressed. As shown above, any necessary fields allow display of code tables upon right mouse button click for selection of descriptive texts represented by code shown in the list. A variety of data entry assistance technology can also be used.)  

 

記録したものは個別の伝票番号により何度でも再表示ができますから、修正入力、分散入力、第三者による検証などがやりやすくなります。このプログラムは作成を開始したばかりですので、これから完成を目指していますが、これに関して予想される問題点はすべてクリアーしています。プログラムも下に示すように非常に簡潔で、手を加えることが容易です。(Once the data is recorded in the files, it can be redisplayed in the last used image, and can be corrected or can accept additional entry, which allows distributed data entry only when data is first obtained, too. The APL program is very simple and compact as displayed below, which makes quick program mending possible.)

 

 

ここで使用した、Windows版 IBM Workstation APL2のグラフィック機能としては、APL2補助プロセサー“AP207”を用いています。これは鍵盤入力コードを1バイトごとのSJISコードでプログラムに返します。したがって、残念なことに現在は2バイトの漢字入力はサポートされていません。しかし、IBMはAP207もUnicode化の対象としていると思いますから、この問題もさほど遠くない将来には解消されるはずです。漢字の書き出し、表示は問題なくサポートされています。また、幸いなことに、私が着手した伝票では英数字のみを用いますので、現在開発を進めることができます。(AP207 of the IBM Workstation APL2 is used here. It returns single byte data or control code to the APL program. Therefore double byte-code such as Kanji is not supported as entry data now. However I expect that IBM plans to modify AP207 to handle Unicode eventually so that Kanji entry will become possible. As to the display of Kanji or double byte code, the current AP207 supports it without any problems. In addition I have observed that many manual entry forms use single byte alpha-numeric code as entry data and descriptive Kanji data is entered from the code tables.)  

 

伝票イメージはスキャナーで読み取り作成することもできますが、ここでは下に示すように、小さいAPLのプログラムを作り、グラフィックで、線と文字を書きましたが、結果としてより鮮明な図にすることができました。(Images of data entry forms can be created by scanners, but here we wrote a small program as shown below to reproduce the forms by drawing the lines and writing texts, with the final images much clearer than scanned images.)

 

 

作られたイメージはJPEGファイルに変換し、使用するときはAP207の“GRDATA”コマンドを用います。“GRDATA”コマンドはJPEG以外にBitmap,GemRas,GIF,Greymap,ILBM,PCX,Pixmap,Sprite,TIFF,Targa,XBitmap、YUV12Cなどのファイル形式もサポートしますが、このコマンドの開発に当たっては、APL開発グループとは異なるJPEGグループの寄与が大きいそうです。(Images are converted to JPEG files to be retrieved at execution time and displayed on the computer screen via AP207 “GRDATA” command. This command had been developed jjointly between APL and JPEG groups, both independent groups within IBM, I believe.)

 

一度書き込んだ文字の消しこみは領域を特定し、背景色で埋められた“BOX”コマンドを用い簡単に、かつ迅速に行うことができます。必要に応じて全体の図柄を再表示することもできますが、ほとんどその必要はありません。したがって、テキスト方式のGUIを用いた他の手段による設計と比べても、実行速度において遜色はなく、実用性が非常に高いことがわかりました。(Characters entered and displayed on the computer screen can be erased easily and quickly by issuing “BOX” command with the attribute of the background color, in “MIX” mode 0, against the designated area The entire image with the entered texts can be redisplayed easily, but it is usually not required. It makes this approach very much competitive with the conventional text GUI designs.)  

 

このシステムは来月に本番稼動させる予定ですが、この技法は他の開発にも応用していく予定です。来月以降、現場での反応、導入効果などもできればご報告する予定です。(This system will be implemented for production use starting from this coming October, and the same technology will be used more widely in other application developments. I would like to report on the acceptance and the end effect of this approach after it is put into actual use.)  

 

3.2007年度APLコンファレンス(2007APL Conference)

 

ACM SIGAPL主催の2007年度APLコンファレンスは来る10月21日より23日にかけてカナダ、モントリオールにて開催されます。参加費の割引は9月13日までです。詳しくはhttp://www.sigapl.org/apl2007.htmlサイトを参照してください。今年度はSIGPLANのOOPSLA(Object−Oriented Systems、Languages,and Applications)との共催になります。キーノート・スピーカーはサン・マイクロシステムズ研究所のGuy Steele氏です。(2007APL Conference wil be held as part of SIGPLAN OOPSLA in Montreal, Canada starting from October 21 thru 23. For details please refer to the above site.)