APLNEWS07年08月号(APLNews2007.08)

 

1.先月号で日本IBMがAPLを個人対象に販売しないことを述べましたが、その後日本IBMの担当者より現在個人向けの販売を請負う可能性のあるIBMビジネス・パートナー1社と、交渉中であり、結論が出るまでにはもうしばらく時間がかかるとのるとの連絡がありました。(As I have reported, IBM Japan does not sell APL to individuals. However, they recently notified me that they are negotiating with a certain IBM business partner, who may handle APL to sell to the individuals, and they wanted us to wait a while.)

 

一方このAPLNEWSの読者であり、長年APLのユーザーである青森県の多田勝則様から次のような情報がもたらされました。それによると、IBMが個人への直接販売のできる「ライセンスオンライン株式会社」を紹介してくれたそうです。またAPL2 バージョン1からのバージョン2へのアップグレード版を¥134,500で入手できたそうです。(On the other hand, Mr. Katsunori Tada from Aomori pref. who is a constant reader of this home page, and a long time APL programmer sent a mail to me, telling that IBM introduced a certain company called ‘License on line ltd.’ And he could procure an upgrade from them for \134,500 (which is much cheaper than the price I have indicated last month.)

 

またIBM開発部門のMr.David Liebtagからの通信では、IBM Accademic Incentive Programによる無償のSoftwareの提供は米国IBM本社の専権決定事項で、申請に基づいて一定の基準を満たす、大学などの教育機関を対象にしていて、高等学校などは対象になっていないそうです。申請手続きの具体的な方法については、日本IBMに情報を求めている状態です。(Also, Mr David Liebtag of IBM APL development and services told me that the IBM’s academic incentive program, which allows non-charge usage of APL license, is IBM Corporate program and they decide who is qualified of the applicants from educational institutions such as Universities, and high-schools are not eligible for this. I am asking IBM Japan to tell us the procedure for applications.) 

 

 

2.海外では今年の秋9月と10月にAPLに関して次のような集まりがあります。(Outside Japan, there are following 2 APL related meetings.)

 

2−1.APL Implementers Conference 

 

開催地:ニューヨーク州アディロンダック、Minnowbrook

(Place: Minnowbrook Adirondak,N.Y, USA),  

期間:2007年9月16日(日)〜20日(木)

(Time:2007.09.16 (Sun) thru 20(Thu)

議題:APL(含むJ,K言語)の新製品の機能について、APLを取り巻く新しい環境について、顧客の必要事項、要求事項など

(Subjects: New features of APL,J,K, New environments of APL and Needs and requirments of clients.)

 

2−2.APL 2007 Conference

 

開催地:カナダ モントリオール

(Place: Montreal Canada)

期間:2007年10月21日(日)〜23日(火)

(Time: 2007.10.21(Sun) thru 23(Tue)

議題:配列とObjectsの融合、APL実用講座、他言語ユーザーに対する

APLの紹介など。

(Subjects; Integration of arrays and objects, APL practicum, etc.)

 

3.Unicodeにおける印刷文字の位置を揃える機能(Print character positioning under Unicode.)

 

IBM APL2 V2 に於いては、Windowsの環境において、Unicodeによる日本語を含む各国語のサポートが本格化しつつあります。APLのプログラマーにとってはCourier APL2 Unicodeフォントを利用すると、APL文字とともに日本語などが自由に使用できますので、非常に便利になります。(Multi-national language support including Japanese with Unicode under IBM APL2 V2 in Windows environment is becoming reality. APL programmers can now use languages like Japanese together with APL characters, if they employ Courier APL2 Unicode for example.)

 

APLにおいて従来のS−JISコードでは漢字やひらがななど全角文字は英数字などの半角文字に比べて幅も2対1、文字の数も2対1で考える必要があり、うっかりすると2バイトを2つに分割して、文字を壊してしまうことがあります。また、もしAPL文字と混在させる場合はシフトコードなどを使用して、その文字の種類を区別する必要があり、正確な文字の処理をするのに神経を使わなければなりません。(Kanji and Hiragana characters as compared to the alpha-numeric characters in the old S-JIS system, are 2 against 1 in widths, as well as in number of bytes in APL. APL programmers had the risk of destroying characters by losing a byte of 2-byte characters. If APL characters are also used, they had to exercise extra-care to distinguish the characters by inserting shift codes.)  

 

Unicodeにおいては漢字やひらがなも1文字、英数字も1文字として取り扱われ上記のような危険はありません。しかし次に表示するように文字の位置の不ぞろいになる問題が発生します。これはWORDなどでも多かれ少なかれ発生します。(In Unicode, each character, regardless of the number of bytes used internally, is treated as a single character. On the other hand, even with fixed-pitch fonts, Japanese texts tend to show as follows:)

 

 

ところが、幸いAPLにはプリンターのディバイスに依存したLIPSやESCP−Pなどのプリンター言語を用いなくても、汎用的な機能があり、グラフィック印刷のように重ね打ちも含めて、印刷位置を自由に指定することができます。(However, APL has a generalized function to position characters at any given place in text mode in a print area, without using device dependent printer languages such as LISP or ESC-P.)

 

しかしそれでもなお半角カタカナの使用によって印刷位置がずれることがあります。(In spite of this, characters are sometimes placed in undesirable positions as shown befow, because of the popular use of so-called half-width (single byte) katakana characters.)

 

 

この位置ずれのパターンはテストしたCANONと、BROTHERのプリンター間においても微妙に違います。これまでテストした結果から何故か理由は不明ですが、半角カナを全角カナに変換すること(見かけ上はほとんど区別できない)と罫線文字または罫線文字区画(Unicode)の未使用のコードポイント(ブランクとして取り扱われる。)を用いることとで回避することができました。(This miss-positioning of characters sometimes differs between printers of different makers. We used Canon and Brother Laser printers and found that we can prevent this, without knowing why, by 1. converting single byte katakana to double-byte katakana (the printed size difference is so delicate that people can not recognize the difference at a glance in Unicode) , and 2. using block symbols or their unused positions, instead of vertical character or blanks as shown below:)

 

            (CANONの場合)

 

            (BROTHERの場合)

 

これらを踏まえて、汎用の印刷ツールを作成しました。これを使用すると、罫線を伴わない印刷物の場合にでも次のように文字をそろえることができます。( As a result, we could develop a general purpose printing tool, which allow such prints as shown below, where we don’t use vertical lines.

 

 

これを、この道具を使わないで印刷すると最悪の場合は次のような結果になることもありますので、注意しなければなりません。(We also found that there are such extreme case as shown below, if wo don’t use this method.)

 

 

 

4、Unicodeにおける罫線付き印刷帳票設計ツール(General purpose print forms design tool.)

 

同じく印刷に関して、罫線つきの印刷帳票を設計するプログラムを作りました。(Also relating to the printing functions under APL2 with Unicode, we have developed a program to design complicated business forms with extreme ease.) 

 

 

 

このプログラムは、画面上で罫線文字は一切使用しません。一文字単位で設定されたCELLの左右上下の縁辺線の属性値を利用していますので、非常に自由なカッティング、移動、こぴー、繰り返しコピー、削除などが可能になっていますので、短時間にAPLのビジネス・アップリケーションで用いる複雑な帳票類の設計が可能です。これらの記事について、さらに詳しくお知りになりたい方はkyosuke.saigusa@nifty.com までご連絡ください。(This program does not use block characters in the course of designing on the display. Instead it uses edge attribute, which makes both programs and operation very simple and flexible. Any one interested in this tool, please contact us by mail to the address indicated.)