APLNEWS2007年07月号

 

1.先日日本IBMSEOBの会が例年のごとく開催され、約150人の出席者がありました。彼らの多くはAPL全盛時代にIBMに在籍していましたので、APL体験者の最大の集まりともいえます。ただし彼らのほとんどはもうすでにIBMを離れ、APLを体験する機会はなかったものと思われます。(On June 23, there was an annual party of IBM Japan’s SE OBs. Some 150 old men and women attended. Most of them spent their prime days in IBM at the time when APL was in its prime days. Therefore I consider it should be one of the biggest party of people with APL experience. However most of them did not have accesses to APL after they have left IBM.),

 

私は毎年この機会に彼らが求める、求めないにかかわらず、APLの最新の情報を何らかの形で一方的に提供するように心がけてきました。今回はこのWEB-SITEからのAPLNEWSの最近3ヶ月のコピーを配布しました。目に留められた人がいたかどうかはわかりませんが、配布資料の横に次のような表示をしておきました。(So I have always tried to use this opportunity to give updated information on APL, regardless of whether they want it or not. This year I have depicted the APL News of the last few months from this Web-site and distributed it. At that time I displayed the following note on the reception table. I wonder if anyone has noticed it.)

 

 [Factors preventing popularization of APL (as of June,2007)          ]

[-PRDUCT (Japanese language)           <= problem fixed         ]

[-MARKETING POLICY (IBM Japan does not sell APL to individuals)]

[    - under investigation – deviated from IBM policy                ]

[-PRICE (\256,000 and \51,200 for annual product maintenance)     ]     

 

このことは大変重要なことで、直ちに解決できることではありませんが、時間をかけて、ひとつずつ解決していかなければなりません。(this is very serious problem, but cannot be solved overnight. We must correct it patiently in time.)

 

1−1.製品の問題について(Product)

 

   APL製品の機能はお伝えしていますように、APL言語の基本設計および周辺機能の制御に関して、目を見張る進化を遂げています。ただ一般に使用されているShift JISコード体系ではAPL文字を取り扱うことが困難で、APLプログラムの文中での日本語の使用は非常に不便でした。今回この点がUnicodeの全面的な採用により問題が解決の方向に向かっています。(As I am reporting in this news series, APL as a product has attained marvelous achievements in its functions. However,  popularly used Shift JIS had difficulty in handling APL characters in Japanese context, This time the problem is getting solved by the adoption of Unicode.)  .    

 

   今年4月にIBMから出荷されたWorkstation APL2サービスレベル10ではAPLオブジェクト(=関数および変数)エディターが書き換えられ、関数中のコメント、やテキスト文を日本語で表示することができるようになりました。これが如何にプログラムの保守などにおいて、生産性に寄与するかは体験して初めてわかりました。(With the release of Workstation APL2 CSD10 this April, APL object editor was revised and Japanese texts and comments in APL functions have become displayable for the first time. I realized how much it would contribute to the enhancement of program maintenance productivity after having used it.)

 

現在では一般印刷装置がUnicodeをサポートすることは当たり前になっていますから、関数の印刷出力においては以前からAPL文字と漢字の共存の問題は解決されていますが、これからは印刷して確認しなくても画面上でプログラムの文書を読むことが大変楽になりました。(Today any printers support Unicode, we have had no problems in viewing APL and Kanji characters in the same print texts. From Today on, program texts can be displayed on computer screen, instead of printing them in order to read it correctly.)

 

APL文字を含む漢字フォント(=Arial Unicode MS)がWindows XP VISTAの製品に組み込まれています。またAPLシステム(含むAPL Runtime Module)が提供するCourier APL2 Unicodeフォントなどを使用していても、Unicodeの仕組みとしてフォントに存在しない漢字などもあたかもフォントに組み込まれているかのように使用することができます。(Japanese Unicode font containing APL characters (=Arial Unicode MS) is already a part of Windows XP and VISTA. Besides “Courier APL2 Unicode” font contained in APL product naturally support Japanese as a standard feature of Unicode.)

 

まだいくつも懸案事項がありますが、これらの動きについて日本IBMの実質的な関与がほとんどないことが問題ですが、いずれはこの重要性に気がつくと思います。現在のグローバライゼーションの時代においてはUnicodeのサポートが即中国語をはじめとした、アジアの言語圏でもAPLを使用しやすくなっていることも注目しなければなりません。(There are still some problems to be solved, but IBM Japan’s contribution does not seem to exist, and I think they will realize its importance. We must pay attention to the fact that in this Globalization age, this Unicode support of APL is immediately applicable to other Asian languages including Chinese.)

   

 

1−2.日本IBMAPL製品販売方針いついて(APL marketing of IBM Japan)

 

   IBM CorporationAPLを販売するに当たり、その製品保守の観点から六ヶ月毎のサービスレベルの更新のために企業向けのパスポート・アドバンテージ・プログラムと個人向けのパスポート・アドバンテージ・エックスプレス・プログラムを提供しています。したがって日本IBMが個人には売らないという営業方針はIBM Corporationのものとは異なりますので、双方の組織に問い合わせしていますが、現在、日本IBMからの調査、検討の結果は私にもIBM Corporationの担当者にも届いていません。(I understand that IBM Corporation offers “Passport advantage program” to enterprises and “Passport advantage express program” to the audience such as individuals in selling APL product in order to cover the cost of developing new service level releases every 6 months. Therefore IBM Japan’s policy of not selling it to individuals contradicts its principle and I am inquiring this point to both organizations, but since the last mail from IBM Japan a few weeks ago to the effect that they will investigate it, I, nor The Corporation’s staff in charge, have not received any reply yet.)    .

 

IBMはこのほか大学など教育機関に対するAcademic Initiative ProgramAPL

の教育用に申請、審査の上で、教室でのAPLの無償使用を認めています。さらに

期間を区切ったAPLの無償使用も認めています。日本IBMがこれらをどのように取り扱っているかも合わせて調査中です。最悪の場合には日本以外からの製品購入について、信頼のおける方式を確立する必要があるかもわかりません。(IBM runs “Academic Initiative Program” to permit non-charge use of APL by Education institutions which apply for it and meet the qualifications. Besides they have a program to allow trial use of APL on time-limit. I am also inquiring on these issues. If this problem is not solved in Japan, I have to consider setting up a safe alternative channel outside Japan.)  

 

1−2.APL製品の価格について(Prices of APL product)

 

   日本IBMからの情報ではWorkstation APL2 for Multi-platforms V2の商品価格は1台の器械に導入するライセンスあたり¥256,000でパスポートアドバンテージは初年度無料で、次年度から¥51,200/年ということです。この価格は企業ユーザーにとっては、高価なものではないと思われますが、購入できる個人は限られると思います。(The information we gained from IBM Japan, the official price of an APL license is \256,000 including the first year maintenance and \51,200 every year afterward. This is a price range acceptable by enterprises, but it will not give incentive to individuals wanting to try it.)  

 

   個人の使用が広まらない限りは所詮閉鎖的な世界での、“使うAPL”ではなく“使わせられるAPL”で終わってしまうでしょう。この価格設定は販売予測に基づいているものと思われますが、販売意欲も希薄で、サポート体制も不明では、悪循環に陥って、解決の糸口を見つけることは困難です。(As long as the individuals’ use of APL does not spread, APL will end up as a phantom product used only within a closed world of a few enterprises. I can imagine this price is calculated base on expected sales volume, but in the current indifference of marketing group and undefined support set-up, APL sales will be trapped in vicious cycle with no hope of future growth.)   

 

   APLIBM以外にAPL2000, DyalogAPL, MicroAPLの3社がそれぞれ別個にAPL製品を開発し、販売、および専門的な技術支援をしています。これら3社とも製品を販売するというより、自分たちが開発した製品の技術支援を行っている会社で、APL2000は米国を中心に事業を展開し、DyalogAPLは北欧を中心とし、MicroAPLはイギリスを中心に事業を展開しているようです。(Besides IBM, there are 3 major APL developer-Vendors, that is APL2000, DyalogAPL and MicroAPL. They can render much higher services to users as established APL specialists. APL2000 is US-based, DyalogAPL is based mainly in northern Europe I suppose, and MicroAPL is in England.)  

 

したがって、たとえばAPL2000社では企業ユーザーを対象にライセンスの数によってライセンス当り$1,750+から$96,000+の超高額まで設定しています。DyalogAPL社はAPLによるプログラム開発者対象と、そのユーザー向けの価格体系で、開発者ライセンスは年間使用料はカテゴリーによって850ポンドと1,275ポンドとなっています。MicroAPL社はより個人ユーザー向けで、Windowsのダウンロード版が425ポンドで、インターネットで、クレジットカードを使用して購入することができます。(APL2000 seems to develop business with large enterprises in the US and their license fee ranges from $1,750 to $96,000 plus annual maintenance. DyalogAPL seems to emphasize individual developers and runtime environments in enterprises to use developed applications. Their license fee is 850 and 1,275 English pounds for developers distinguished by class. MicroAPL addresses individuals and their license fee(one time) on the internet is 425 English pounds. Anybody can purchase it on the internet with a credit card.)

 

 

APLの命は製品と技術支援力にありますが、上記3社はいずれも高い技術力に支えられていますが、日本語のサポートと、技術支援の拠点が外国であることが問題です。したがってわれわれは最も標準的なIBMAPLを中心に上記3社の企業向け、開発者向け、エンドユーザー向けの3つのエリアを視点においておきたいと思います。(The real value of APL derives from its product and technical assistance, and these 3 companies qualify without exception. However, here in Japan we have to question the support of Japanese language and the local technical support set-up. Therefore we would like to continue to use the most standardized IBM APL with the view to embrace there areas of enterprises, developers and end-user programmers.)   

 

しかし同時に、APLによるアップリケーションの開発者(個人または小グループ)を育てることが一番大切であることを痛感しています。幸いAPL Runtime機能はIBMだけが完全無条件で無料ですから開発者はどこにでも開発製品の販路を見つけることができるはずです。したがってIBMAPLの価格は個人開発者の事業資金としては決して高いものではないと思われます。(However, I feel the most important area is the high skill developers (individuals or small groups). Fortunately IBM APL alone offers the runtime environment module free and the APL application developers can find their APL-written application users almost anyplace. In this sense, IBM’s product price is not unreasonable for individuals as an investment to develop new business.) 

   

 

2.APL学習システムの改訂版について(Revision of APL language learning system.)

 

   APLは非常に強力、多機能で、簡潔で、論理的、したがって非常に合理的で、誰にでも役立つ道具です。残念なことにごく限られた少数の人にしか知られていません。この道具は書籍などで学習することでなく、使うことによってのみ理解することができます。まずは高価なソフトを購入するのではなく、安直に体験できる仕組みとしてこのWEB-SITEからAPL学習システムを無償で提供してきました。(APL is extremely powerful language system with a wide range of functional coverage and is really a rational and useful programming tool for everybody. People can understand its value only by using it and not by reading the books. We have offered this APL learning system free from our Web-site in the past.)

 

   しかし、これまでも数多くのダウンロードの記録がインターネットのログとして残っていますが、まったくユーザーの顔が見えません。はたしてうまく利用していただいているのか、どのような問題を感じていらっしゃるのかもわかりません。(I can see how many people have downloaded the program by the records in the access log. But so far very few people have contacted us on the problems. I would like to change it to two-way communication so that we can confirm the effect of this program, and render further services.)

 

今回IBMWorkstation APL2のUnicodeによる日本語のサポートの実現を機会に、その機能を利用して日本語を画面上に表示できるAPLの学習システムとして、プログラムの書き換えを行い、ほぼ完成しています。これは無償で配布することは従来と変わりませんが、ユーザーのメール番号の登録を前提といたします。希望者は<kyosuke.saigusa@nifty.com>宛、申し込みをしてください。(With the realization of Japanese language support by Unicode in IBM APL, we have revised this APL learning system so that Japanese language is also displayable. We will continue to distribute this program free together with the latest run-time module, but it requires registration of mail address for program updates. Please contact us at the above mail address, if you want to use it. )

またこの道具を使ってAPLの最新機能を体験する宿泊学習会もこの7月、8月に長野県蓼科の弊社APL研修センターにて参加費は食費実費のみ(宿泊無料)のオープン形式(日にちと時間を特定しない)で開催します。希望者は合わせて通知してください。(Also, we plan to accept visitors to our APL training center in Tateshina mountain resort in Nagano prefecture in this July and August period with no participation nor dormitory-stay fee except for the charges on food cost split amongst the participants. Please contact us to inquire about the opening by mail, too. ) 

 

 

 

なお、このシステムはIBMの製品版との互換性があり、Runtime Moduleで提供されるインタープリターの全機能をサポートします。またこのシステムで開発したアップリケーションは製品版の元でも機能します。さらに製品版で開発したアップリケーションもライブラリー関係などの一部の機能を除いてこのシステムで、実行したり、編集したりすることができます。したがって通常正規のライセンスを必要とする個人所有のパソコンなどでの作業も可能になることがあると思われます。(This new revision is compatible with the IBM product version and support full interpreter functions, except for some limitations of the Runtime Module. Applications developed under this system functions will work under IBM product environments without problems. Furthermore the applications developed under the product APL can run in this system except for the area where it relates to APL libraries. Therefore, this package can be used for company employees to work on the companies programs at home without copying APL product to home computers, which require separate licenses from IBM.) 

 

さらに、PC APL、日本語APLOS2APLVSAPL(要コード変換)などIBMAPLで作成されたアプリケーションもほとんど動かすことができます。しかし今回の書き換えに当り、APLの初歩的、基本的な機能の学習機能を前面に出すように心がけました。現在このプログラムはテスト中ですが、開発に約2週間、プログラム行数250行弱で成り立っています、これ自体がAPLの底知れない実力の証です。

(Applications written under IBM APL such as PC APL, Japanese APL, OS2 APL, VSAPL(requires code conversion) etc. can be made to work on this package. However our emphasis is placed on the ease of access to real APL and the acquisition of the basic and fundamental elements of APL is most emphasized. This program is currently under test and has taken only a few weeks to develop and consists of some 250 lines of APL statements. This illustrates again the power of IBM APL product.)     

 

3.APL汎用ツールの書き換え(Utility tool conversion)

 

   Workstation APL2Unicodeによる日本語のサポートの実現に当り、既存の汎用ツール関数のUnicode化を進めています。既存の関数をUnicode化することにより今まで日本語としては読み取ることのできなかった関数中の日本語テキストなどは、画面上で見ることができるようになりました。(We are now working on the conversion of utility tools to adapt to the new environments brought about by the total adoption of Unicode. One of this is our Japanese function editor which is to be replaced by the official IBM object editor but remain to be used under APL learning system package.)

 

 

4.日本語表示と非表示の比較(Comparison of Japanese test display and non-display)