ALPNEWS2007年5月号

 

1.              訃報(Obituary)

  

先日かねてよりAPLの普及に何くれとなく支援をいただいていた羽田達治君が67歳の若さで病気のために逝去されました。羽田君はIBM SE OB会の代表幹事を務めるなど、情報処理の分野で広い人脈をもち、温厚で誰からも信頼される人物でした。毎年日本全国から150人もの出席を持つIBM SE OB会のパーティ−にて例年、最新のAPLに関する情報を紹介する場を設けていただけたのは、ひとえに彼のおかげでした。謹んでご冥福をお祈りします。(Lately, Mr.Tatsuji Haneda died of illness at the age of as young as 67. He has been so much helpful as the chief executive committee of the IBM Japan’s Old SE club to help assist us to demonstrate the latest features of IBM APL2 at their annual parties attended by some 150 ex-SE’s from all over Japan in the last few years. He was a man of integrity and trusted by many and had wide contacts with data processing executives of IT corporations. I pray for his happiness in his after life.)  

 

2.APL2 UNICODE化の進捗に関するお知らせ。(Report on the latest status of the next release of APL2 V2 service level 10)

 

この原稿を準備している段階ではIBM APL2 Products and Servicesのホームページにおいて、期待されているAPL2 Version2 サービスレベル10の発表は行われていません。おそらく5月初旬になるのではないかと思われます。そのときには詳しい内容をお知らせいたしますが、最終のBeta版を見る限り、APL2Object editor において、APL関数中の日本語の処理は入力、編集、検索、置き換え、Cut and Paste、印刷など、すべて完全でした。これは即中国語でも利用できる機能だと思います。(At the time of writing this article, I couldn’t find the availability of the expected APL2 V2 service level 10. I suppose it will happen early this month (May) and if it does I will make a detailed analysis of the new features in the next month issue of this news. However, as far as I could have observed by the last Beta, the object editor handles Japanese in every aspect of operations within APL function codes, including input/output, editing, scanning, replacing, cutting and pasting, printing. I am sure it will be immediately applicable to the Chinese language, too.)

 

3.APL2での業務システム(Business system by APL2)

 

十数年前にOS2APL2で開発した弊社客先の営業所業務システムがあります。当時はまだWindows5すら存在しない時代でしたから、OS2サーバーを中心にNETBEUIによるLANを利用した不特定多数のユーザーが同時に使用するPCの業務システムは中小企業においては画期的なものでした。しかし、それ以後のマイクロソフトのWindowsとそれを取り巻くパソコン関連の変革と進歩は著しいものがあります。(We wrote a general business system for branch offices of a corporation using APL2 under OS2 far more than a decade ago. At that time when even Windows 95 was not in the market, a business application system using OS2 server NETBUI LAN which was usable by multiple operators was a revolutionary system for a small and medium sized businesses, I believe. However the changes and progress of the computer technologies thereafter had been remarkable.)     

 

それと対比的にOS2をサポートするDEVICEは徐々に市場から姿を消し、ついにIBM OS2の開発を放棄するに到りました。この業務システム自体は現在でも現場で支障なく使用され、また保守も継続されていますが、いずれはハードディスクや他の部品が故障した場合の置き換えが困難になってきます。またマイクロソフトOFFICEなどに代表される現代の業務システムを取り巻く環境との整合性も求めることができません。(By contrast, the devices supporting OS2 gradually disappeared from the market, and at the end IBM renounced OS2. This business application system we wrote is still running daily without much trouble and is constantly updated. However we know some day we will have no way of finding replacement parts when the hard disks or the memories go down. It has also disadvantage of not being able to have interfaces with the currently popular business tools represented by Microsoft Office components.) 

 

したがってかなり以前から周辺の追加機能は勤めてWindowsで開発してきましたが、本体もWindowsの環境で起動するように書き換えが強く望まれていました。これが思うように実現しなかった主な理由はユーザー・インターフェースの書き方にありました。OS2ではAP124 Text Display Processorを利用していました。AP124WindowsAPL2においても利用できます。しかしOS2で可能であった、日本語の表示機能はWindows版ではありません。これはOSに依存している部分で、IBMAP124自体を日本語に対応させることは計画しない決定をしています。(Therefore we have endeavored to write peripheral addition functions in Windows since a long time ago. At the same time we were aware that to re-write the application to run under Windows is a pressing requirement. The main reason why this has not happened till now is the way the user interface was written. We used AP124 Text Display Processor under OS2. AP124 is available under Windows as well. However, the ability of displaying Japanese with AP124 under OS2 does not exist under Windows, because this capability depended on operating systems and IBM had decided not to support Japanese under AP124.)   

 

IBMOS2を放棄した時点で、OS2によるAPL2のサポートも取りやめ、新たにWorkstation APL2 for Multi-platforms V2 を発表し、それまでのばらばらであったHOSTシステム以外のAPLを統合し(2002年3月)、UNIX(含むIBM AIX), Linux, Windowsのみをサポートすることになりました。Windows環境におけるユーザー・インターフェースはあらたに開発したAP145によって行われることが期待されました。これはWindows標準のGUI機能を利用する仕組みで、画面からの日本語の入出力や印刷出力も可能になりましたが、AP124とはまったくプログラムの方式が異なります。(IBM discontinued the support of APL2 under OS2 at the same time when they renounced OS2. Instead they released Workstation APL2 for Multi-platforms V2 and unified (March, 2002) so far separate non-host system based interpreters into one, where only Unix(including IBM AIX), Linux and Windows were supported. They developed a new processor called AP145 to be used for user interface programming under Windows based on the standard features of Microsoft Windows GUI. AP145 allowed us to display and input Japanese from the display screens, but we were forced to adopt an entirely different programming method.) 

 

AP124はすべてキーボードからの入力のみがサポートされ、マウスはサポートされていません。したがって、画面入力は入力欄ごとに順次(Sequential)に処理されますが、AP145ではマウスはサポートされる代わりに、ひとつずつのキー入力は多数存在する入力形式のうちEntry Fieldと呼ぶ入力欄でのみサポートされます。また一文字単位の、属性の付与などもできなくなりました。したがってプログラムの方式はキーボード起動型と、事象(EVENT)起動型と後外で、まったく異なるのです。(AP124 supports only keyboard input, and not the pointing device such as a mouse. Therefore, it accepts input character by character sequentially from the input fields, while AP145 supports a mouse, but instead it supports character by character handling only for limited types of control boxes such as Entry field control box amongst many other types of control boxes. We are no longer able to give attributes to individual character positions. We have two entirely different data entry methods, one is a Keyboard driven and the other is event driven. )

 

APL2では一般データの処理のロジックはきわめて簡単で、極端に簡潔な式で表現することができるばかりでなく、どのようなAPLシステムでもほぼ互換性(Trans-portability)があります。しかしインターフェースの部分は外部の仕組みに合わせて、複雑さが異なります。したがって多くのAPL業務プログラムの80%−90%までが、インターフェースに対するプログラミングであるといっても過言ではありません。(In APL2, general data handling programming is so simple and brief and is also transportable across APL systems. On the other hand interface programming is so much dependent on different APL systems in programming complexity. In fact, many of our business application programs consume 80 to 90 % of codes for interface programming.)

 

現に稼動している業務システムを大幅に書き換えることには大きなリスクが伴います。ユーザー・インターフェースの書き換えとはいえ、影響はフロント・エンドのみに限定されません。したがって一からの開発に等しい作業が要求されます。この業務システムは今年ようやく旧システムとの置き換えができる段階に到りました。3月初旬にある営業所でテスト導入をしましたところ、現場では作業実態に合致せず、受け入れてもらえないことが判明しました。(To rewrite the large part of existing business programs involves a great risk. Rewriting only the user interfaces affects not only the front end of the programs. It is almost an identical task as writing the programs from nothing. My people have completed the task early this year. We chose a test site and installed the new system this March, but we had to uninstall it on the same day because the operators refused to accept it. They say that it was not written to suit the reality of the business works.)   

 

このことはわれわれが業務の流れの実態を正確に把握していなかったことを物語るものでした。すべての作業ではありませんが、たとえば受注業務は電話機を片手に相手と話しながら、もう一方の手で、コンピュータを操作します。また束になった伝票を目と指とが連動して、信じられないスピードで入力します。OS2APLでは機能の制約から結果的にそのような作業をサポートする仕組みになっていました。マウス操作が要求される仕組みは、この場合業務作業の生産性を致命的に阻害することが判明しました。タブ・キーの使用すら右利きの操作員の片手操作では指が離れすぎるという意味で、歓迎されないことも判明しました。(This illustrated the fact that we had not fully comprehended the real flow of the branch office business work precisely. Not all the work flows, but some such as order entry, clerks in charge enter incoming orders by a single hand from the computer keyboard while taking orders from the customer on the other end of the telephone line. Sometimes they have to enter data from the heap of papers, where the clerks synchronize the eyes and the hands at an unbelievable speed. We found that they do not welcome to be forced to use the tab key even because it is located too far from the right hand which is always busy hitting data keys.)    

 

AP145においてはACCELERATORという機能を使用すればキーボードのみによる操作が可能になりますが、その場合たとえばENTERキーはWindowsの標準の処理に任せることはできず、すべてトラップして、自分でプログラムしなければなりません。しかしWindowsの入力操作のすべてをACCELERATORの制御下におくことはできません。たとえばPUSHボタンをENTERキーで操作できても、マウスでの操作も実行されてしまいます。この場合は両方が機能することが望ましいですが、垂れ幕メニューの行の選択は選択されたというEVENNTは殺して、選択+ENTERキーのみを採用する必要があります。なぜならスクロールのみで、選択が機能してします場合があるからです。(AP145 allows us to use ACCELERATORS to achieve operations using only keyboard manipulations. In this case ENTER key for example had to be programmed by yourself apart from the standard handling by Windows. Every ENTER key depression had to be trapped and programmed. However ACCELERATORS cannot control all the entry actions. Push button, for example, can be programmed to respond to an ENTER key depression, but at the same time it does not kill the mouse button depression. In this case it is desirable that both work as well. In the case of drop down lists, it is desirable to kill the list entry selection and allow only the ENTER key depression to work, because we have to disallow automatic list item selection as a result of unintentional scrolling operation.)   

 

AP145の優れている点は数多くありますが、その一つは複数の入力欄に対して、入力をどのような順番(random)に(場合によってはTAB, 逆TAB, マウスを使用して)行っても処理できることです。このような利点を損なうことなく、ENTERキーによる順次(sequential)処理をサポートする仕組みを作りました。この仕組みを導入し、再度システムの書き換えを行いました。現場の業務に詳しい本社のスタッフの評価をパスしましたので、今月(5月)初旬に再度テスト対象の営業所での旧システムの置き換え導入を予定しています。この新システムは単なる旧システムの置き換えでなく、予定されている次期全社的業務システムのベースとして、APLで可能な機能をすべて組み込むことのできる設計上に成り立っています。(AP145 has a number of superior features, such as allowing not only sequential entry, but also random sequence entry from amongst plural entry fields by changing the focuses using the mouse, tab and reverse-tab operations if required. We developed a utility code to let RNTER key to work for any control boxes on the screen without depriving such superior features of AP145. We incorporated this utility in the new system and could pass the tests of the headquarter staff, who is well versed in branch office clerical work flows. We are expected to re-install the revised system early this month (May) in the same test branch office. The new system is designed not only as a replacement of the old OS2 system, but has been designed to allow incorporations of the latest features of the APL2 V2 to be eventually used as the base of the conceived next system of the corporation.)    

 

新システムはサーバーの代わりにRAID機能を持つLANディスク、プリンター・サーバー、PVNによる遠隔バックアップ・システムおよびAPL Runtime インタープリター(無料)を利用するアップリケーション・パッケージングが用いられます。中小企業向けの低価格な業務システムの設計としては大変有効なものであることを確信しています。また、データベースはOS2の元でのAP211Object Library Processorによる排他制御機能を持つ弊社独自設計のデータベース・システムを継続して使用します。(This system will no longer use the client server system. Instead it is design to use LAN Disks with RAID , printer servers, remote back-up setup through Corporate PVN and APL2 packaging to run with the APL2 runtime interpreter (no charge from IBM). We are confident that this is so much valid economical setup, especially for medium and small businesses. We will continue to use the existing OS2 database system, which we have designed using AP211 Object Library Processor, because it has withstood very long time use under OS2.)   

 

なお上記業務システムの有効性の検証に当たり、Windowsの元での多重処理による負荷テスト、データベースのインテグリティー保持テスト、システム・パーフォーマンス・テストなどのさまざまな自動テストプログラムをAPLにて作成し、事前の検証を重ねています。これの詳細については別途時機を見て発表いたします。(To examine the validity of this business application system design, we have written a number of test programs in APL to measure the durability of the integrity of the system under heavy and random usage by numerous concurrent users. We hope to publish these works of ours when an appropriate time comes.) 

 

 

 

 

 

              .