APLNEWS 2006年8月号

 

1.IBM APL2 News

 

APL2に関して、IBM社のインターネット・サイト <ibm.com/software/awdtools/apl> にアクセスすると最新情報が英文で提供されています。しかし詳細で、具体的な技術情報は個々のユーザーに直接通知されます。その一つは“IBM APL2 News − Today‘s APL2”です。先日それのIssue Number 11が届きました、二つ折りのはがきで、裏表印刷してありますので、後ほど全文を掲載しますが、A4の用紙2ページに相当する印刷物です。(IBM Internet site <ibm.com/software/awdtools/apl> provides APL2 related updated official information in English. However, more in depth technical information is usually delivered to the contracted APL users. Amongst them, I received the issue 11 of IBM APL2 News Todays APL2 lately. As shown later in full text, it is a folded post card size news-letter, and contains about equivalent of 2 pages of A4 form.) 

 

前号の発行から、ほぼ1年経過していますので、Windows環境のAPL2に関しては、すでにここで以前から取り上げている、CSD7とCSD8が、Service Updatesとして紹介されています。記述は非常に簡単ですが、われわれのようにあらかじめこれらの修正を適用して実際に使用している過程で、理解の到らなかった点などその解明の糸口を提供してくれますので非常にありがたいと思っています。(It has been a year since the last issuance, hence it covers CSD7 and CSD8 as Service Updates. It is a very short article, but it is also full of hints and suggestions as to the problems we have encountered during tests upon releases of these updates or our shortage of comprehension of the new concepts introduced so frequently.)

 

たとえば、サービス・レベル8(=CSD8)で追加された新しい補助プロセサーAP200について、どのような目的で利用できるのか、あまり理解できませんでした。しかしAPL適用業務で使用されている変数や関数など、環境を壊すことなく、その制御下で別APL環境を起動させることができ、新たに導入されたAPL2ライブラリー・マネジャーで、実際に活用されているとの記述から、現在作業中の客先依頼案件で、直ちに利用できると思われます。特にAPL2ライブラリー・マネジャーはWindows環境での日本語に対する配慮が欠落していますから、それらを補完する上でもその実用性が高いことがよく理解できます。(To take an example, the use of new AP200 is explained as a convenient means of setting up another APL environment as a slave session to perform required tasks without disturbing the main application environments. And this is used in the newly introduced APL2 Library Manager. This gives us a hint as to how to simulate similar functions as the Library Manager according to our own requirements.)   

 

2.2006年11月27日APL生誕40周年記念日

 

またIBM APL2 Newsによると今年はAPL生誕40年だそうです。すなわち、1966年11月27日に、ニューヨーク州ヨークタウンのIBM施設で、APLの最初のワークスペースがセーブされたとのことです。その場に立ち会われたAPLの先駆者たちは、Dr.Iversonを除いて、多くの方々がご健在で、現在もAPLの指導的立場にいらっしゃいます。これを記念して、今年11月にはカリフォルニア、ドイツ、その他APLに強く影響を受けた世界各地の個人や企業を中心に行事が開催されると思われます。(IBM APL2 News also reported that this year is the 40th anniversary of the birth of APL. The first APL workspace was saved on Nov. 27 in 1966 at Yorktown, New York, USA. I understand that many of the initial developers of APL, except for the most respected Dr. K. E. Iverson, are playing leading rolls even today. So the letter says that commemoration gatherings will be held in California, Germany and perhaps in other places in the world on November 27, this year.)

 

日本でもこのような行事が開催できればと思っていますが、とりあえず今後こくがい海外の動きをこのAPL Newsを通して、11月までの毎号お伝えしたいと思います。また皆様方のご意見もいただきたいと思います。kyosuke.saigusa@nifty.comまでメールをください。(I wish we held our own gathering, but I would report the related information in and outside of Japan in the next releases of our APL News until November.)

 

3.IBM APL2 製品版 教育用無償配布

 

同じくIBM APL2 Newsに教育機関の先生方は、申し込みによりAPL2の最新版を無料で使用できるとの記載があります。私は資格がありませんので詳しい条件はわかりませんが、資格があると思われる方はぜひ<ibm.com/university>にアクセスしてみてください。ご連絡いただければ、私もできる範囲でのご協力をいたします。(The same IBM news-letter also sites the fact that the educators can use IBM APL2 product free if they apply for the IBM Academic Initiative through <ibm.com/university> and if they qualify. I will render supports to those individuals as much as I can.)      

 

4.CSD8について

 

最も新しいAPL2の修正であるCSD8はワークステーションAPL2の全面的なUnicode化の本格的な動きの始まりで、日本語を使用する我々にとってAPL文字か表示されないなど、夢にも想像できなかった深刻な問題がいくつか表面化しました。この間、IBMの開発担当者であるMr.David Liebtagは我々の立場をよく理解され、限られた人的資源の中で、本当に、日夜真剣にこの問題に取り組んでくださり、現在は7月15日の総合的な修正で安定したとの理解です。(CSD8, as the most recent Service Update Level, marks the beginning of the overall switch to Unicode from multi-byte SJIS code to support Japanese characters. However it has presented unexpected irregularities such as not allowing display of APL characters on GUI dialog windows. Mr. David Liebtag has really worked very hard to face these problems to fix them until he came up with July 15 fixes which is believed to have solved all the outstanding problems.) 

 

しかし私は、Unicode化は、われわれの汎用ユーティリティー・プログラム書き換えに要する作業量も小さくないので、無理せずに、年末にリリースされると思われるCSD9までは慎重に事を運ばなければならないと思っています。私が配布するパッケージもこれに合わせる予定です。(To switch to Unicode involves not a small workload and testing for us, so that we have decided to time the final conversion to the time when CSD9 is released sometime at the end of the year. Our various APL utility packages will also be distributed at the same time together with the latest IBM APL2 run-time module.)

 

しかしながら、CSD7の安定した状態に留まるには、CSD8に代表されるさまざまな新機能が利用できないのであまりにも残念です。したがって、現在私は6月の時点でIBMとのやり取りの結果、CSD8のレベルでありながら、シフトJIS(すなわち非Unicode方式)で日本語をサポートするものを当面の実務で使用することに決めました。(However, CSD8 has so many very attractive features for the APL programmers. It is definitely very disadvantageous to stay in the CSD7 level. Therefore, until we complete the conversion, we shall use an interim support level based on CSD8 as of the end of June provided unofficially from IBM for our use.) 

 

5.OPENGLのサポート

 

CSD8で実現したものは非常に多岐にわたります。これらについては追い追いAPL Newsで紹介していく予定ですが、そのひとつをここで紹介します。ワークステーションAPL2にはすでに学習システムの一部として配布しているように、APL2のさまざまな機能に関するデモのプログラムが添付されています。新しく追加されたデモ・プログラムに“DEMO_OPENGL_GLRECT”と“DEMO_OPENGL_GLSAMPLE”があります。(CSD8 has brought a number of useful features. We will introduce these one by one in the next releases of our APL News, beginning with the one that follows. IBM Workstation APL2 is accompanied with a group of demonstration programs to illustrate various system features. Amongst the ones added in the CSD8, there are two programs called DEMO_OPENGL_GLRECT and DEMO_OPENGL_GLSAMPLE.)      

 

“OpenGLはSilicon Graphics社(現SGI社)が主導で開発されたハードウエアやOSに依存しないグラフィックス・ライブラリー(API)です−GLUTによるOpenGL入門、床井浩平著、工学社平成17年5月25日初版発行より。(OpenGL is a non-hardware dependent and non-OS dependent graphic library (=APIs) developed under the initiative of Silicon Graphics (=SGI) from the Introduction of OpenGL used with GLUT by Kouhei Tokoi, Kogakusha publishing May, 2005.)  

 

私はOpenGLとやらはまったく知りませんでした。また今後この二次元および三次元の高度に専門的なHigh−Performance−Graphicsの世界に私が深く係わり合いになることはないと思います。しかしIBMの上に挙げたデモ・プログラムを私流儀で、解読し、単純な形で、分析的にプログラムを書き換えてみたところ、APLからOpenGLのAPIを利用することの大きな意義が発見されたように思われます。すなわちC−言語とか、GUIプログラミングの専門的な知識なしに、非常に高度なグラフィックスの実用的なプログラムを作成することを可能にするのではないかと思われるからです。(I have never been aware of such things as OpenGl. I shall not ever be involved with such highly specialized area of high-performance graphics. However in the process of re-writing these demo programs in my own style, I came to have the rough picture of OpenGL programming with APL. I felt strongly that APL is so much suited for non-professional programmers to write sophisticated OpenGL programs in a rather simple manner.)     

 

以下私の書き直した上記IBMのデモ・プログラムを紹介します。今回は実行できる状態にして提供する時間がありませんでしたが、できれば来月号で、AL2学習システムに組み込み配布したいと思います。_GLRECTは赤い正方形の図が画面の中を直線に移動し、可変の矩形移動領域の縁辺にぶつかるとビリヤードボールのように一定の角度で跳ね返り、その動きを継続させるものです。_GLSAMPLEは同じように可変矩形移動領域においてさまざまな色に塗られた三角形の図形が移動領域の縦横の長さの比率に比例して長さを変えながら回転を継続させるものです。まずはOpenGLをご存知の方に読んでいただき、APLを使用することの意味を判断していただけたらと思います。APL固有のプログラム表現については、個々のご質問に答えたいと思います。移動および回転の速さはひとつの数値で簡単に制御できます。(The followings are those two IBM demo programs which I re-wrote in my own style. We didnt have time to prepare distribution versions, but they will probably be included in out down-load library in September issue of our APL News. _GLRECT demonstrates a red square figure to move lineally within the rectangle re-sizable area and bounces back like a billiard ball when it hits the edges of the rectangle area and continues the same motion. _GLSAMPLE is a similar program, except that its a multi-colored triangle and it rotates and changes its lengths of the 3 edge lines in accordance to the changes in the proportion of the vertical and horizontal lengths of the rectangle area. I hope someone who knows OpenGL programming to assess my view. I will answer questions regarding APL expressions if contacted by mail.)