APLNEWS 2006年7月号

 

1. 先月号で紹介しました、Workstation APL2 V2 の最新の機能追加として、去る4月にリリースされたV2−CSD8に関して、日本語のSJISコードに代表されるMulti−byte文字のサポートを全面的にUnicodeに切り替える動きがあり、独自な検証の結果いくつか重要なシステム上の問題点が検知され、われわれAPLの中でも日本語を多用し、SJISベースでプライベートにサポートしてきた立場から、かなりの混乱が生じました。(As to the CSD8 of Workstation APL2 V2, introduced in the last month APLNEWS, there is a strong tendency to discontinue multi-byte support, such as SJIS used for Japanese language, and proceed to intensify the complete implementation of Unicode. We happened to have detected a few serious problems concerning us, who use Japanese in APL programs much. This created confusion among us.)

 

この件に関して、522日から66日までの間にさまざまな関連する問題も含めて、合計20回にわたる、IBM開発部門とのメールの往復やり取りがありました。 621日にこれにまつわるさまざまな問題点が解消されたとのことで、私も含めて、世界各地のAPLの支援者複数名に対して、修正コードが送られてきました。これは当方の時間的ゆとりの関係で、まだ未テストの状態ですが、できるだけ早期にテストを再開したいと思います。(In this regard, we carried on a dialog with Mr. David Liebtag of IBM Corporation in the form of mail messages amounting 20 times May 22 thru June 6. On June 21, he sent us fixes to the problems. But we have not been able to look them up as yet, because of the time available to us. We wish we could resume necessary tests as soon as we are ready.)

 

そのようなわけで、われわれやむを得ず、一時弊社開発のAPLツール関数群のUnicode化作業を中断し、Multi−byte方式にもどしました。IBMの正式な修正は今年暮れにリリースされると予想されるCSD9に反映されると思いますので、まだ時間があります。IBMとのやり取りをしながらじっくりとこの問題に対応したいと思います。また、この件に関して、APLと直接の関係はありませんが、IBM大和研究所におけるソフトウエアの日本語化に関する研究員の方の支援を求めることも、公式な道筋ができました。(Such being the case, we had to abandon our project to adapt all our utility programs to Unicode for now, and returned to the old multi-byte method, We expect that we still have some time left to work on this conversion, provided CSD9 is released with all the official fixes at the end of this year. Fortunately we happened to establish communication with a person, who is in the position to cooperate with David at his request in the area of Japanese language support problems.)

 

APLはIBMのソフトウエア製品として、適用業務プログラムにおける日本語のサポートに関してはほぼ完成していますが、われわれがしゅうきょく最終的に目指すのはプログラム開発時におけるAPLシステムに付随した、さまざまな開発支援ツールでの、より完全な日本語のサポートの提供の実現です。なぜならば、APLが他のプログラミング言語と異なり、ユーザ自身がプログラムグラムできる環境が整って初めて、勝手のDOS版の日本語APLのように、一般に使いやすい道具として、復活するチャンスがあるわけだからです。(APL as an IBM software product has realized to support Japanese language in APL written applications almost. But our final goal is its support in APL program development tools such as session managers and editors, because, unlike other program languages, APL is fitted for end-user programming, and only when end-user find it comfortable to program their problems, it will be called real personal tool like Japanese APL, which gained much popularity under DOS.)    

 

この点において、日本語は欧米の言語に比べて、いまだ大きなハンディキャップがあります。この問題解決の鍵のひとつはどうやら日本語フォントにあることがわかり始めました。MicrosoftはWindowsにおいて、APL文字を含むArial Unicode MSという日本語フォントを提供しています。片や、APL2では内部コードはすでにUnicode化されています。したがって、APLシステムで使用するフォントはUnicodeであるべきであるとのIBMの見解は賛同せざるを得ません。しかしArial Unicode MSが何故使用できないかの理由については、これがPropotional Pitch フォントで、システムが要求するFixed−Pitch フォントでないからとのことです。(In this respect Japan has much disadvantage as compared to European languages. In this regard I have learned that the problem lies with the Japanese font. Microsoft Windows include International Unicode font called Arial Unicode MS, which includes not only APL characters but also Japanese characters completely. APL has already been designed in Unicode internally. So it makes sense that the Japanese font should be Unicode and not SJIS. David has explained that the reason why Arial Unicode MS cannot solve our problem. He said it is proportional pitch font and not Fixed Pitch, which is the requirement of the session manager and editors.)      

   

 

私の作成した仕組みでは、日本語のサポートをSJISで実現していますが、そのためにCanonのTypeCraftというソフトを使用して、日本語を一字、一字編集しながら何ヶ月もかけて、APLKJというフォントを作成し、このサイトから提供しています。しかしAPL特殊文字は半角であってしかも漢字を区別するコードとの重複をきたしています。ですから、そのままでは漢字と混ぜて使用することができません。したがって、それでも無理に混在使用をするためには、漢字の前後にSO/SIコードを使用し、半角の場所を空けるために半角カタカナと、ヨーロッパの特殊母音文字などを犠牲にせざるを得ませんでした。これはすべて公に認められたものではありませんし、望ましいことではありません。ですから、一日も早くUnicode化によってこの問題が、全面的に解決することを期待するわけです。(My developed scheme supports Japanese in SJIS. And I had to spend several months to edit each of some 7000 characters one by one to create APLKJ font, which is downloadable via my Web site http://aplcons.com

. APL uses the code points reserved for Kanji character identifications. Therefore they may not co-exist. But to make it to co-exist, I had to make room for APL characters in single byte zone, at the sacrifice of single-byte KATAKANA and some of the European special vowels, etc. In addition I revivied the old system of identifying texts formed of Kanji characters

By sandwiching them with SI/SO codes. But this scheme is not publicly recognized, and not desirable to continue to exist. We want the right Unicode font as soon as possible.)

 

 

2. 6月24日に東京四谷でIBM SE OBの集まりがありました。1957年から1977年入社のOB約150名ほどが参加しました。この時代のIBM SEはほとんどが、APLを習得しています。また経済同友会会長の北城さんのように現在各方面で活躍し、それぞれの分野で影響力を持つてる方も少なくありません。したがって、現状のAPLについての正しい情報を伝達することはAPL復活の期待を高めることに結びつくものと思いました。幸い幹事の一人である同期の羽根田達治さんが支援を働きかけてくださり、われわれが、資料を配布し、デモンストレーションができる場所を設けてくれました。(On June 24, there was an annual get-together of IBM SE OSs. Some 150 names, who joined IBM in 1957 thru 1977, participated. They are more or less trained in APL once. Besides there are number of people with some influence in business world such as Mr. Kitashiro, the chairman of Japan Association of Corporate Executives

Therefore I thought it will enhance the chances of APL revival, if I could somehow deliver correct information regarding the progress and the status of present day APL. Fortunately Mr. T. Hneda, who is one of the main coordinator, arranged so that we could have a place to demonstrate the latest APL and deliver printed materials regarding APL progress and status.)   

 

テーマとしては最近私が作成した、“Excel上でExcel関数に代わり、APLを使用する仕組み − APLEXL”を採用しました。現在弊社のWeb site <http://aplcons.com>からダウンロードできる初期のものに改良を加えたもの24インチの横長高解像度の液晶DISPLAYを使用して、弊社の佐野恒子とともにデモや、質問者の対応に当たりました。資料は要求者のみに配布しましたが、約30部ほどが興味のある参加者に手渡されました。資料の内訳は次のとおりです: (I have used my recent work on APL on Excel as a demonstration theme. Myself and my co-league Mrs. Sano used 24 inch 1900x1200 resolution liquid crystal display, which has the same resolution as my notebook, to explain things in person to many individuals, and as many as 30 sets of the material have been handed out at their requests. The contents of the hand-out were as follows.)

 

 ― “APLEXCELを用いてEXCEL上で使用するAPL ― 色刷り31ページ

 ― 一夜漬けのAPLプログラミング講座 − その1  ― 色刷り55ページ 

   (日経PC21編 エクセルこれだけ関数事典 − 日経BP社 の筋書き借用)

 ― Simple APL-Excel Interface“ APL Quote Quad− K.Saigusa のコピー

   (オリジナルなものであるとの証明のために添付) 

 ― 下記スライドショーのコピー(4ページ)

 

  ( - A booklet of 31 colored pages APL as used on Excel using APLEXL

-         A booklet of 55 colored pages Over-night lecture on APL

-          (APL as applied to the same Excel function solutions contained in commercial book, published by Nikkei Business Publishing, with their approval.)      

-         A copy of my paper on Quote Quad Simple APL-Excel Interface

-         Copy of the following 4 page slide show )

  

(Progress of APL

   APL is alive and sound

        2006.6

        APL Consultants of Japan)

 

  

( The calendar of CSD release)


 

  

 (Major function additions 

  - Adaptation to Unicode

  - Integration  with MS Windows

  - Program interface to other languages and APL itself

    - Treat Files as 2-dimension arrays

    - Expanded support for graphic files

    - APL name spaces and APL-written external functions

  - Cooperative processing

    - AP200 APL Asynchronous processing

    - APL-Runtime distributable free of charge from IBM if accompanying applications

- Manuals distributed free by internet

    - Enhanced Editors and session managers

    - GUI support intensified and progressing

    - Better and unified technical support support by internet

    - Standardizing Language specifications across different implementations) 

 

 


  

(Merits of using APL

  APL is more universal technology and can settle as life-time useful learning

  Depends more on logical thinking with trial and errors, rather than on memory of rules

  Influences way of thinking for practicality, simplicity and objective achievement

  If correctly informed, it can be used without difficulty and too much cost

  Requires less physical strength and time. Utilizes personal experience gained thru age

  APL expressions reflect logical thinking of the users very closely

  Can convert personal skills into money if programmed in APL packages

  There are less and less instances APL cannot be applied

  Corporations can benefit by sharing common program assets

  Pure IBM software product immerging out of over 30 years of research

  APL Consultants can render support services to individual users basically free.)

 

 

3. IBM SE OB会で使用した改訂版のAPLEXLはパッケージ化されていますので、Windows XP上であれば、APL Runtime Module (無償配布)を前記Web siteから導入すれば誰でも使用できます。最新の資料とともに希望者に無償で差し上げます。ただし使用して、問題点などを報告していただけることを期待いたします。この版ではAPL文字の入力にキーボードとともに新たに設計したソフトウエア・キーボードが使用できます(下図参照)。(The revised version of APLEXL is a packaged application, and runs on any Windows XP machine, if APL-runtime(distributable free with applications) is installed. APLEXL is also given out free to individuals upon request by mail to kyosuke.saigusa@nifty.com. We expect responses from recipients regarding usability. This edition uses newly designed software-keyboard( shown below), in addition to regular keyboard. )

 

 

APLの初心者や、APLを頻繁に使用されない方は、APL文字が表示されていない一般のキーボードからAPL文字を入力するのは面倒であると思います。ソフトウエア・キーボードは、目で確認した文字を左ダブルクリックするだけで入力することができます。もちろん同時にキーボードを使用してもかまいません。(It would be troublesome for the beginners and in-frequent users to enter APL characters from un-labeled keyboards. This software keyboard allows users to enter APL or other characters by looking at target characters on the map similar to the key layouts of the real keyboard, by double-click on the left button. You may use either keyboards as they suit you. 

 

このソフト・キーボードには、いくつかの特徴があります。シフトキーやAltキー、またAPL文字とASCII文字入力モードの切り替えなどは必要でありません。文字が小さければ、画面をドラッグで拡大縮小することや、必要に応じて非表示、再表示ができます。Windows や APLシステム自体にも類似のものがありますが、機能的にはこちらのほうが優れていますし、日本語のキーボードに対応しています。また右のダブルクリックで、ここのAPL文字の説明と使用例が画面上に表示されます。(This software keyboard has the following features: Users are not bothered by Shift-keys, Alt-keys, APL/ASCII mode switches. Users can also change the size of the keyboard and select to display and hide easily as required. There are similar software-keyboards in Windows as well as APL system, but this one is much superior to them.

When you double-click on the right button, at APL characters, the explanation of the character and examples of how to use will be shown on the screen.)

 

現在これをAPL学習システムに組み込むテストを実施中です。また平仮名や漢字の入力も可能ですが、APLEXLでは、これらはExcelから入力するほうが合理的ですから、ダークグレーで薄く表示していますが、機能は殺しています。APLUnicode化への移行にあわせて、より必要性が増大すると予測しますが、とりあえずAPL関数エディーターでの日本語テキストや、コメントの入力には利用したいと思います。(Initial tests are in progress with good result to use this software-keyboard for APL learning assistance system, which uses AP124. Japanese Hiragana characters are killed and shown in dark colors, beacse users will find it easier to enter Japanese from Excel rather than from APL. We expect more requirement if Unicode is found usable. In the meantime, We may use Japanese entry feature for APL function editor that we designed.)

 

アップリケーションにおけるソフトウエア・キーボードの可能性は高く、簡単なAPLのプログラムで作られていますから、キーボードを各国の言語や、個々の業務の必要にあわせて、自由に設計したり、改造することができます。興味のある方は <kyosuke.saigusa@nifty.com> 宛てメールにてご連絡ください。(Software keyboard is programmed in a simple APL program and can be modified quite easily to suit the special requirements of the applications. Please contact us by mail, if you are interested.)