APLNEWS 2006年6月号

 

1. ここ何年もの間、Workstation APL2の改定(CSD=Corrective Service Distributionの形で)が毎年5月末と11月末にIBMサイトから正式契約者に対して配布されていました。今回は4月にCSD8が出されていましたが、気がつきませんでしたので、先月号の記事に載せることができませんでした。(In recent years, IBM uploaded new CSDs for Workstation APL2 every 6 months, May and November. This year CSD8 was uploaded to the IBM APL2 support site in April, which I was not aware of, and I couldnt have reported on this update in the last month APL news.)

 

先日初めて、このことを知り急いで内容を確認しました。表面的な変更ととしてはここ数年来初めて新補助プロセサー(=AP200)が追加されたことです。このプロセさーの役割は従来C,VBA,JAVAなどの他言語からAPLインタープリッターを起動させる機能を、APLからもできるようにしたことです。すなわちAPLのアップリケーション・プログラムから別の独立したAPLインタープリッターを起動させ、関連プログラムを同期的に、また非同期的に走らせることのできる機能を提供します。具体的にはどのような応用が可能か今後の研究課題ですが、たとえばAPLによるインターネット・サーバー・プログラムの能力を革新的に向上させるのにも役立てられるのではないかと思います。(I found this only in the middle of May, and quickly checked the contents. On the surface a new auxiliary processor (=AP200) was added for the first time after V2 was released. This processor allows APL application programs to start another independent APL session for asynchronous processing, using the same interface as used by other languages such as C, VBA and Java. It is one of our future themes to think of some clever way of utilizing this feature.)

 

あまり目立たないけれど非常に重要な機能の追加に、実行中のプログラムの待ち時間を指定できることなどがあります。これは弊社開発の汎用ツールに早速応用する予定です。(Amongst other additions, not as prominent as AP200, IBM added the capability to specify the time limit for each AP145 wait. This turned out to be something immediately usable in our utility tools.)

 

表面に出ない変革として、APL2 V1の時代から着々と推し進められていたUnicode化の動きですが、われわれにとってもっとも重要な事項は、次回CSD9を目標に日本語のようなMulti−byte文字のサポートをすべてUnicodeに切り替える方向に急速に進み始めたことです。これはIBMの要請というよりMicrosoftのWindowsがこの方向に進んでいるためのようです。(One very important alteration, which is not on the surface, was that IBM finally decided to depart from the conventional method of supporting multi-byte support and switch to Unicode entirely. Although it puts a heavy burden on us, but it seems to be the way to go today.)

 

したがって、CSD8では、さまざまな旧来の手法で作ったわれわれの汎用ツールなどが使用不可能になる事態が発生しました。われわれはAPLのUnicode化に全面的に協力するという立場から、現在IBMサンタテレサ研究所のAPL開発担当者(=Mr.David Liebtag)と頻繁な交信を重ね、直接技術的な支援を受けています。(Therefore many of our Japanese support tools became unusable under CSD8. Since we were determined that when the time comes, we shall do our best to cooperate with IBM. Fortunately David Liebtag of IBM APL development group extended a great help to us to have solved many of our serious problems in a very short frame of time.) 

 

まだ中間報告ですが、これまでに判明したことを以下記述いたします。(Interim report on our findings with CSD8 follows.)

 

 1−1. AP145による設計画面において、MS明朝や弊社作成のAPLKJフォントに代わり、Windows標準の“Arial Unicode MS”フォントで日本語(含む各国語−理論的)とAPL文字を同時に表示できること。(AP145 dialog allows Japanese(=theoretically true with other multi-byte languages) display together with APL characters by using Windows standard Arial Unicode MS font instead of our developed Sift-JIS based APLKJ font.)

 

 1−2. 同じくAPL実行下でキーボードからの文字の入力にUnicodeのサポートを指定して、ASCII文字入力とAPL文字入力をダイナミックなモードの切り替えにより日本語の入力と、APL文字の入力が同時にできることを確認したこと。(Also in the AP145 dialogs Japanese and APL characters can be input by specifying Keyboard Unicode input option and switching the ASCII and APL shift dynamically by AP145 accelerator command.)

 

 1−3. プリンターに上記“Arial Unicode MS”フォントを指定し、日本語のコメントやテキストを含むAPL関数を自然の形で出力できること。テストではBrotherのHL−1870N(TCP/IP接続)、OKIのMicroline 5100、5200カラー・プリンター(同じくTCP/IP接続)、さらにAdobe PDFとMicrosoft Office Document Image Writeのファイル出力を使用しました。すべて問題なく印刷ができます。おそらくほかのプリンターでも同様かと思います。(We found, with the advice of David, that our printers could accept previously mentioned Unicode font to print APL functions containing Japanese comments and texts in a very natural way, including PDF and MS Office Document Image Writer.)

 

 1−4. APL文字を含む文字画面においてカーソル位置の読み取りがずれる問題があります。この現象は2バイト・コードを用いない英語やヨーロッパの言語の元では発生しない為にIBM開発部門では確認できませんでした。こちらでの調査の結果、明らかに原因と思われることを今日発見し、IBMに報告しました。おそらく明日にはIBMからの回答があり、修正も時間の問題であると思われます。これは現在APLシステムの関数エディターに日本語のサポートが含まれていないために、編者が開発した関数エディターを使用しなければならないので、非常に重大な問題のひとつです。ただしとりあえず、われわれの汎用ツール関数の暫定的な修正で対応が可能なことが判明しました。(AP145 dialogs, displaying texts (either single byte characters only or ones containing double-byte characters) with APL characters, failed to report correct character positions pointed to by a cursor (rows correct, columns wrong). Later we learned that with English and other European languages, it will not occur, so that our test results couldnt be confirmed in America. I found only today that certain APL characters are causing the trouble and have reported it to David, and I expect his reply by the time I finish this article tomorrow. In the mean time we fond an adjustment logic to evade this problem in our APL utility tool functions such as our editor.)

 

カーソルの位置は日本語のように2バイト文字のところでは2バイトおきに表示されます。1バイトの文字のところでは1バイトごとの位置が報告されます。しかし位置がずれて表示されるところでは、すべて特定な文字が存在します。そのことはWindowsのIMEパッドの表示でわかりました。すなわちAPL文字でもShift JISの倍角文字と関連付けられている≠△¨∨÷↑↓などの文字の文中での存在が問題の原因であると理解しました。(Character positions are reported every 2 positions for double byte characters and every position for single byte characters. We found that with languages like ours, certain single byte APL characters such as“not-equal,delta,or,divide,take,drop”have single-byte Unicode code-points and double-byte Shift JIS code points at the same time. Therefore these characters are counted as two even though they are one byte under CSD8.)

 

 1−5. APLにおける日本語のサポートは弊社がさまざまな工夫を凝らして実現してきましたが、ここでようやくメインフレームのAPLや、かっての日本語APLのようなごく自然な日本語の取り扱いが実現する方向に進み始めたことを喜ばしく思います。できれば来月号にニュースでは弊社の汎用ツール関数が全てUnicode対応になり、説明書類の書き換えも完了できたらと思います。(In the absence of full official Japanese language support under the Workstation APL2, we have contrived many of our proprietary methods and tools, we welcome that natural Japanese support is getting realistic for the first time. We hope that I will have completed rewriting all of our utility tools and documents to Unicode compliance by the time when we issue the next month APLNEWS.)   

 

 

2.先日島根大学の藤原真砂先生から最近の論文“ホワイトカラーのワークライフバランス −時刻別行為者率アプローチによる生活時間構造変動分析”− 日本労働社会学会年報第16号〔2006年〕とともに、非常にご丁寧なお手紙をいただきました。先生の58ページにわたるこの御労作で、データの分析処理にAPLを使用されたことを述べておられました。謙遜された表現のお手紙でしたが、まさしくエンドーユーザーが自己の目的で、浅くも広くも自由な形で役立てていらっしゃることは、ほかにもいくつか事例がありますが、個人的道具としてのご理解をされていらっしゃることに心から敬意を表したいと思います。この場を借りてお手紙へのお礼とさせていただきます。(A few days ago, Professor Masago Fujiwara of Shimane University sent me a copy of his recent work on a Japanese workers usage of time. He mentioned in this academic paper of about 58 pages, that he used APL as analytical tool of numbers. We have other examples of individuals using APL in socially very worthwhile ways. I respect these people and want to extend our support as much as possible.)    

 

 

3.APL協会の月次研究会は原則として毎月第4土曜日の午後1時ごろより東京港区広尾の文部省統数研の建物の2階会議室にて開催されていて、誰でも関心のある方は断りなく参加できます。先日は会長の西川先生の中学生のお孫さんが、J−言語を使用したプログラムのデモをしてくれました。中学生でもAPLやJ言語は身近に指導者がいれば、理解し、興味を持てると思います。とかくコンピュータが普及している割にインターネットやゲームしか考えられていない、柔軟な頭脳を持ったこの世代の子供たちにプログラミングに関心を向けさせる便利な手段であると思います。(Japan APL association convenes, for members to present papers on APL and J, the 4th Saturday afternoon every month at a second-floor conference room of the Institute of Statistics and Mathematics of Ministry of Education at Hiroo, Minato-ku, Tokyo, and anyone can attend the meeting free without getting permission from anybody. In the May meeting a grand son of Dr. Nishikawa (chairman), a junior high-school boy, made a small presentation on J-programming. Young people such as him can understand and get interested in APL or J if someone near can be consulted easily. While computers are getting popular and the young generation tends to take it only as internet or gaming tool, APL and J provide a good means of letting programming known to the flexible minds.)