APLNEWS 2006年4月号

 

1.Dr. Ken E. Iversonがお亡くなりになり、はや1年以上経ちました。Iverson博士の元で、APLの発展形であるJ言語を開発されたRoger Huiが中心となり、Iverson博士の逸話集を編集しています。それに関して、カナダのRobert Berneckyから昨日メールが届きました。博士の人柄を髣髴させる逸話をひとつ日本語で紹介します:

 

博士がNew Yorkの町で、仕事仲間とある場所に移動しようとしていたとき、次のように切り出しました。“歩いていこうか? Taxiでいく時間がある?”

(A year and half has passed since Dr. Ken E. Iverson has passed away. Roger Hui began to gather anecdotes concerning Ken Iverson, sometime ago. Bob Bernecky replied to the call as follows:  [He was in New York City, heading somewhere with some colleagues, and asked:

 “Shall we walk, or do we have enough time to take a taxi?”])

 

2.3月25日に広尾の統数研でAPL協会の2005年度年次総会が開催されました。理事長である慶応大学の竹内先生から事業報告、会計報告、2006年度事業計画、役員選出などの事務手続きに続き、会員を増やすための適切な行動計画などについて議論をしました。つづけて月例研究会となり、出席者からいくつか興味ある研究発表がありました。

 

J言語が中心で、かつ、かなりアカデミックなもので、私の泥臭い実用の世界とは多少かけ離れています。しかし、会長の西川先生の“数独”に関する発表に興味を惹かれました。出席されませんでしたが、北海道の中野先生からの論文もありました。読売新聞にも取り上げられ、英国APL協会の機関紙“VECTOR”の最新号には、外国の学者が、“SUDOKU”として、APL/J言語による解法について、さまざまな議論か掲載されていて、所詮はお遊びと思いつつ、帰宅後密かに私流儀のAPLでの解法を試みる羽目になりました。

 

早速本屋に出向き、本棚に並んでいた、“ポッケット数独―中級篇”、“激辛数独―2”、“激辛数独―3”と手当たり次第に購入し、とりあえず、その一部の問題をパソコンに入力し、プログラミングを開始しました。最初は軽く考えていて、配列処理で、きれいな式が組み立てられ、うまくいくのではないかと思いましたが、大変な作業になりました。4月号の記事が遅れたのはこれが理由です。複数条件の処理にてこずり、結局ループ処理を交えざるを得ませんでした。

 

プログラムは西川先生の提案されたように設計画面上に問題と結果を表示しました。またすべてのセルの候補データの中間結果をAPLセッション画面に表示し、ステップごとにロジックが検証できるようにしました。今日、4月1日未明に眠い眼の前に突然、問題1の“完成”表示が現れました。あらかじめ入力しておいたポッケット独数の問題の約4分の1(24問)の半分の12問が解けました。次回5月号までに、残りの部分の問題を分析し、きれいなプログラムにできたらと思います。プログラムはIBM Workstation APL2 V2.7(2005年11月 出荷―Microsoft Windows版)で書きました(関数リストは不鮮明ですが、概略理解してもらうために巻末に掲載します)。関心ある方がいらしたらご連絡ください(kyosuke.saigusa@nifty.com)。

(On March 25, Annual general meeting of APL association of Japan was held to conclude the fiscal year 2005 at the Mathematics and Statistics Research Institute of Ministry of Education at Hiroo, Tokyo. It began with usual reports on the past activities, budget, renewal of offers (no change), problems and planned activities etc. It was followed by the monthly presentations of papers by the attendees. Dr. Nishikawa (the chairman) presented a paper on

his J programmed GUI “SUDOKU”. Prof. Nakano also submitted his paper by mail from Hokkaido on “SUDOKU”. I learned for the first time that this word came from a Japanese game pronounced as “SUUDOKU” meaning “Numbers Independent”. I have always disliked these games as non-productive use of time, but this time it stimulated my curiosity so much that I couldn’t sleep. As a result I spent almost 5 days to construct a program in APL as shown below which allows APL programmers to find solution logic visually and experimentally by watching step by step progress of the process. Candidate numbers for each cell is continually displayed in binary format on the session manager screen to assist problem analyses to revise the APL program which is also shown at the end. It is far from completion and not clean now but has solved 12 problems of 24 copied from a Japanese booklet titled “Pocket Suudoku  medium level” published by Softbank Creative). I hope I could complete the program by the next month issue of this news, if time permits. The program was written and runs in IBM Workstation APL2 V2.7. I wish someone to participate. Contact kyosuke.saigusa@nifty.com)  

 

3.先月号で一部紹介しましたExcel上でExcel関数をAPL関数で置き換えて実行した比較の事例文書の無償ダウンロード配布に関して、対比に使用した“Excelこれだけ関数事典”(日経BP社、2005520日発行)の出版元から、ご許可をいただくことができました。多数の実行例を示す画面コピーを含めた約55ページの資料で、タイトルは“一夜漬けのAPLプログラミング講座 −その1”です。今後APLの利用技術情報をインターネット上でお伝えしていく方法のひとつとして、考えています。PDFファイルにしましたので、ご希望の方はここを右クリックしてください。現在、このAPLプログラム(=APLEXL)と詳細な使用の手引きを作成中で、完成し次第無償配布する予定です。

(A booklet, which compares Excel functions and APL functions executed in Excel environment, as described in the previous month APLNEWS, is now downloadable by right click as a PDF file in Japanese. The booklet is titled “Overnight APL programming lesson1”, and it will hopefully be the first of a series of APL programming lessens on the internet. The APL program, which runs as an APL application package, together with its detailed user’s guide is being edited for release upon completion. – an  English version can be considered if requested. kyosuke.saigusa@nifty.com)