APLNEWS 2006年3月号

 

1.APL−EXCELについて(On APL−Excel Interface):

 

昨年11月号で紹介しましたAPLとEXCELの新しいINTERFACE機能に関する私の論文‘Simple APL−Excel Interface’はまだACM ‘QUOTE QUAD’から出版されていないようですが、その論文で紹介したTEST Programの実用性を検証するために何冊かのExcel関数に関する市販の書籍を購入し、Excel関数に代わり、Excel上でAPLを使用することの実験を開始しました。

 

これらの書籍は:

 

  1.Excel 関数辞典 日花弘子+ITフロンティアライティングスタッフ著

        2003年12月1日発行 − ソフトバンク パブリッシング株式会社

 

  2.Excel 関数 逆引き大全  不二桜 著

        2005年5月20日発行 − 株式会社 秀和システム

 

  3.日経PC21編 エクセル 関数事典 発行人/加藤 栄  編集長/小谷宏

        2005年5月20日発行 − 日経PB社

 

などですが、私はExcelのユーザーではありませんので、このほか日経PC21編シリーズのExcelに関する入門書類を参照しながら方法を模索しました。

 

その結果、目的がExcel上でAPLを使用することの当否を検討することですので、手始めに分かりやすい実例に沿って比較できることから、上記3番目の日経PC21のエクセル関数事典を教科書として、APLでのアプローチの文書化を開始しました。現在教科書の91事例のうち、Excel固有の処理に関するものを除いて、67の事例がありますが、計算、判定など、APLによるExcel画面の操作の実例を中心に53事例に関する文書化が終了しています。

 

今月半ばに作業を始め、なるべく短時間に結論を出すために、急ぎましたので、出版社のご了解を求める時間がありませんでした。したがって、現在はこのホームページからの資料の無償配布はできません。来月早々全体が完成した上で、出版社(日経PB社)に現物を見てもらい、趣旨を理解してもらい、資料の無償配布と、APL講習会での使用に関するご了解が得られるように努力をいたします。もしご了解が得られないようでしたら、別の方法を考えなければなりません。

 

しかしここであえてその一部を紹介します:

 

(A personal attempt is being made to demonstrate the usability of a new APL-Excel interface based on the Microsoft COM, using the examples of the usages of Excel functions employed in a   commercial book in Japanese published by the Nikkei Business Publications, Inc. The work was initiated in mid-February and is almost completed by now, except that I have not yet requested permission from the same publisher to use the examples. Therefore the material cannot be distributed as education material free from our download site, until the permission is granted. If the permission can not be obtained, I must take some more time to re-edit the material. However, I will dare show some examples from the finished work below.)


  例1:Loan repayment recalculation as a result of shortening the payment period. 

 

  例2:Calculation of hours and minutes for salary payment


例3:Decision on multiple conditions

 

2.APL講習会のコース内容の提案(Proposed APL class curriculums):

 

  A:エンドユーザー部門管理者向け (for end-user management)―2〜3時間(hours)

 

   1.国内APL使用企業実例の紹介 (domestic enterprise user examples)

   2.APLのデモンストレーション (APL demonstration)

   3.APLの特徴と効果的な用途 (APL characteristics and effective use)

   4.APL導入のコスト (APL installation cost)

   5.質疑応答(Q/A)

 

  B:初心者向けAPLプログラミング実習(APL programming for the beginners)

   

   1.APLの基礎実習 (APL basic programming)          − 3時間(hours)

   2.ファイル入出力実習 (File I/O programming)          − 3時間(hours)

   3.画面設計実習 (GUI programming)               − 3時間(hours)

   4.APL-Excel Interface実習 (APL-Excel programming) − 3時間(hours)

   

  C:中、上級者向け単体テーマ実習 (In depth programming on unit theme)

 

   1.APL稼働環境と言語の詳細 (APL environment and Language details)―3時間

   2.各種ファイル入出力機能の詳細 (File I/O details)                     −3時間

   3.共通資源の管理手法 (Management of common programming assets)   −3時間

   4.通信(TCP/IP)機能実習 (Programming TCP/IP)              −3時間

   5.その他 (Other subjects as requested)


  講習会の実施形態 (How the classes are conducted)

 

   1.講習会場 (Class rooms)

  

     1.出席者企業の施設 (Customer facilities)

     2.都内(市内)の有料公共/私営施設 (Private or public rental class rooms)

     3.APLコンサルタンツ本社 (APL Consultants home office)-相模原市

     4.APL研修センター ( APL Training Center)-長野県茅野市蓼科(Nagano

 

   2.開催方式(Classes):

 

     1.休日全日連続二日(2 consecutive days on weekends or holidays) 

     2.夜間固定曜日非連続 (Fixed night of week at intervals)

     3.昼間固定曜日非連続 (Fixed day of week at intervals)

     4.合宿集中(休日中心)(Holiday or weekend camp)

     5.その他 (Other forms as requested)

 

   3.費用 (Fees)

 

     1.コンサルタント契約締結企業は原則として無料 (Free for contracted companies)

     2.その他は実費(ただし学生個人はできるだけ無料)(Actual expenses shared)

     3.合宿の場合、通常出費(宿泊代)以外は出席者応分分担(Camps-Actual expense)

   

   4.出席者の人数制限 (Capacity)

 

     1.APL研修センター (Training Center)-10名以内/1回(Up to 10 each time)

     2.相模原本社 (Home office)-5名以内/1回(Up to 5 each time

     3.その他 (Other sites)-会場の収容能力による-Depends on class room capacity

 

   5.出席の資格 (Qualification for attendance)

 

     1.契約企業社員(Employees of contracted companies)

     2.個人サポート契約者(Individuals with support contracts)

     3.日本APL協会会員(Members of Japan APL association)

     4.APLクラブ参加者(Members of APL Club)

     5.上記条件を満たす検討中の方(Anyone under consideration of the above)

     5.学生(Students)

     6.APL学習支援システム(無料)使用者(APL learning system package users)

 

   6.申し込み方法(How to enroll)

 

     具体的なスケジュールが決まり次第受付を開始します。(announced at this site)

 

   7.講習会の開催に関してご希望、ご意見などをおきかせください。(Like to hear)

 

     通信はすべてkyosuke.saigusa@nifty.comにメールでお願いします。