APL News 2005年12月号

 

0.当Webサイト < http://aplcons.com > は日本の読者を対象としていますが、最近は海外からのアクセスも散見されるようになりましたので、今後はできるだけ簡単な英文訳も付け加えたいと思います。

 

(This web-site is intended primarily for Japanese readers, but we have noticed sporadic accesses increasing from the prospective readers abroad. Therefore, we would like to try to attach a brief translation in English from this time on.)

 

1.IBM Workstation APL2(Windows版)におけるApplication画面の設計の方法はIBMの製品に含まれるDialog Editorを使用して、固定的なTemplateを作成して利用する方法と、Library 2のDEMO145ワークスペースのサンプル・デモ・プログラムの最近の主流であるDynamic(非固定的)な記述による手法があります。前者は当初OS2の環境で設計された手法で、これに関しては私の論文(Proceedings of the APL‘2002 Madrid Conference−APL Quote Quad,June 2002−Vol 32,No 4)がありますが、そこで指摘した不便さは依然として存在します。また記述方式そのものは、これでないと設計できないものがあるばかりでなく、画面設計プログラムの原理を理解する上でなくてはならないものですが、Application 開発時における実戦的な手法としては不満足な面があります。最近はAP145GUIの機能が急速に強化され、Visual Basic .Netにおける画面設計の機能に引けをとらないレベルに達しています。私どもは上記論文および、2002年に“APL2の世界”としてこのサイトより出版、配布している解説書で紹介した“△DIALOG”関数の延長線上の関数内でのテーブル方式の画面仕様記述(サンプル添付)を基に、より実戦的な手法の開発を進めてきました。このたび、従来この方式では実現困難と思われた、Split ColumnやTab Control、および新機能のTreeViewなどのサポートも完成し、ほぼ方式が固まりましたので、解説書を書き上げ2006年1月にはダウンロード・ライブラリーに追加したいと思います。またAP145GUIインターフェースに関するIBMからの新機能の追加などに伴って、その後継続的に改定を進めていく計画です。われわれの作成するツール・プログラムも順次この方式に統一いたします。

 

(There are two different approaches to design Application windows in IBM Workstation APL2 (Windows version). One is to use APL product proprietary tool of Dialog Editor to design rather static templates, and another is to use more dynamic methods of describing the designs in the application programs in line. The former existed since OS2 days and lacks directness in actual program development and maintenance environments (as I have pointed out in my paper – Proceedings of the APL’2002 Madrid Conference – APL Quote Quad, June 2002 – Vol. 32, No. 4). The second method is indispensable as the means of understanding AP145 fundamentals, besides being the only method of programming such controls as shown in DEMO_CUSTOM, DEMO_GDI, DEMO_MOVIE etc. However, this is again short of our requirements. We have pursued a more practical method, and have come to the stage where we can edit the user’s guide (in Japanese first) on our approach and add it to our download library hopefully in January 2006. A very short sample program based on IBM demo program in APL2 library 2 is attached at the end. Please refer to us < kyosuke.saigusa@nifty.com >, if you are interested.)

Fig. 1: Dialog design and edit tool

Fig.2: IBM DEMO_TREEVIEW as programmed in our proposed method

 

2.APL2学習支援システムに組み込まれているAPL2関数エディター“△EDITF”を簡略化して書き換えました。学習システムへの組み込みは来月を予定しています。より専門的な多機能な関数エディターとしては従来から紹介している“△EDIT”(“APL2世界”参照)がありますが、APLの初心者にキーボードのAPLシフトを理解し、APL文字をキーボードから入力してもらうことにエネルギーを使うよりも、画面上に表示されたAPL文字をマウスクリックで選んで入力するほうが、初心者にはわかりやすいのではないかと思います。この方式ではすべてキーボードはASCIIモードですから、関数の中で日本語のテキストやコメントを利用する場合、日本語の入力もより自然な形となります。また文字や文字列の編集はすべてWindows標準方式をそのまま利用しますから、ユーザーにも取り付きやすいばかりでなく、プログラム自体も非常に簡略化することができました(約全80数行)

 

(APL2 function editor as included in our free downloadable package “APL2 learning assistance” has been revised to a simpler design, APL beginners are able to enter APL characters not from keyboard but from mouse clicks from APL characters displayed on the screen. Users no longer use the APL shift on the keyboard, and the keyboard stays in ASCII mode all the time, so that you can enter Japanese texts and comments much more naturally in APL functions. It uses our special APL-Japanese TTF font which is included in the afore-mentioned free package. For editing the program, conventional Windows standard methods are used for simplicity, too. This allowed us to reduce the total coding to some 80 lines including GUI interface)/


 Fig. 3: a Revised editor, editing the own code.

 

 

3. 先に紹介したTESTCOM(=APL-Excel)のその後について、作業が全体に遅れがちですが、現在手が空き次第、ユーザーズ・ガイドとExcel VBA関数との簡単な比較資料を作成して、ダウンロード・ライブラリーに追加したいと思っています。またできるだけ早い時期に学習システムに組み込んでテストに供したいと思っています。

 

 (TESTCOM=APL-Excel Interface as introduced in previous releases of APL News and

is likely to be published in English in the next Quote Quad will be included in the APL learning assistance package to be downloaded free from our site, as soon as we find time to document (in Japanese) its user’s guide and simple comparisons against Excel VBA macros.)